赤血球の基礎貧血について赤血球増加症について
白血球の基礎白血病について悪性リンパ腫についてM蛋白血症について
血小板の基礎止血の仕組み出血傾向と出血性疾患
This is the "Home" page of the "臨床検査における血液の基礎とその病気" guide.
Alternate Page for Screenreader Users
Skip to Page Navigation
Skip to Page Content
最終更新日/Updated: Feb 20, 2017 URL: http://guides.lib.kyushu-u.ac.jp/blood ガイドを印刷する RSSの更新

Home ページを印刷する
  検索: 
 
 

はじめに

 

私たちの身体の中では、血管が隅から隅まで張り巡らされており

その中には「血液」が流れていますね!

人の体重のなんと約1/13を血液が占めています。

サラサラの血が流れる血管のイラスト

血液の働きには、

「物質(O2とCO2、栄養、ホルモン、老廃物)を運ぶこと」

「身体を守る(異物の除去、止血)」

「身体の中の環境を維持する(浸透圧の維持、pHの維持、体温の調節)」

…があります( ̄▽ ̄)!

 

今回はその血液の中で、上に書いた働きを担っている

赤血球、白血球、血小板

について検査専攻の学生さん向けに

基本的なことと、その病気についてまとめていこうと思います!

国試勉強に少しでも役立てば幸いです…

 

 

 

〒812-8581 福岡市東区箱崎6丁目10番1号

Copyright © 2014 九州大学附属図書館

説明

Loading  処理中...

Tip