Skip to main content

就職無理学部の就活: 1人で悩むな!

就職無理学部に所属し、その中でも就職が厳しいと言われる地球惑星科学。そんな人の就職活動記。

⑩就活本番

ESを書くといっても、今までプレゼンを作ってくる過程で散々自己分析やら自己PRの文章をワードに書いていたので、コピペするだけの楽な作業でした。

ただ、自分は字を書くのがヘタクソだったので手書き指定ESが本当に苦痛でした・・・。

よく「手書きじゃなきゃだめなんですか?」といった質問がありますが、自分は手書き指定がなければPCで作ってました。

もちろん手書きじゃなくてもES全です。

 

 

さて面接についてですが・・・。

これに関しては何も言えません。

いくら完璧な受け答えをしたと思っても落ちるときは落ちます。

 

「なんで落ちたのか分からない」

そういったことも多々ありましたが、そこで折れない心も必要だと思います。

僕も第一志望の業界に祈られ続け、本当に辛い思いをした記憶もあります。

それを乗り越えて、最後の最後で現在の会社に内定をもらいました。

辛くてもあまり一人で抱え込まないようにしましょう。

番外編 自己PR

今まで何回も「自己PR」と書いてきましたが、一体なんなのか?

僕がやってきた自己PRを最後に紹介したいと思います。

 


【自己PRの流れ】

PRで何を伝えたいのか一言

「○○○○○○○○○○○○」

☆将来何をどうしたいのか☆

 

そう思うのは、なぜなら・・・

 

①過去

↓・最も注力したこと

↓・人生で最大の決断etc

②現在

↓今後の目標&挑戦

③未来

・自分が働くイメージ

・自分の夢や理想

 

だからである。

つまり、私は将来何をどうしたいか。


 

これは例文ですが・・・

 

私は、「中小企業を大企業にする」という夢を持っています。例えるなら、ドラマ「ルーキーズ」の様に、弱小チームから甲子園に出場してしまうくらい大きく成長するイメージです。なぜそのように思ったのかというと、私は小学校の時にサッカーの弱小チームに所属し、大会でチームを優勝に導いた経験があります。その時の達成感は今でも忘れることができません。その達成感をまた味わいたいため、社会人という別のフィールドでもやり遂げたいと思っています。

 

(ルーキーズ、知ってますよね・・・?)

さいごに

今はこうやって偉そうなことを書いていますが、最初は本当に右も左もわかない状態で就活戦争に挑みました。

就職無理学部と馬鹿にされ、その中でも就職困難とされている地学専攻でしたが、先輩や知り合いの社会人のおかげでなんとか戦場から生還することができたと思います。

  

 

 


就活で一番大切なことはなんですか?という質問を多々見かけます。

 

僕は「絶対に一人で悩まないこと」だと思います。

もし何か相談したいことがあったら図書館まで来てくださいね!

メールでもいいですよ!(pochan0113@gmail.com)