Skip to main content

細菌培養の基礎 \(^-^)/ for beginner: 培地の作り方

初心者を対象に,細菌培養の方法やその注意点に関して図入りでご紹介します.

ひとこと

 

HOMEの問題では

既に出来上がった培地

用意されていましたが,

 

実はすでに出来上がっている培地は

値段が高いため

培地の素から作っている施設が

多いと思います.

  

そのため,

培地をどのように作るのかを

知っておく必要があります.

 

ここでは培地の調製滅菌方法

について話します.

 

Step 1  培地作製に必要な材料を用意しよう!

 

培地によって必要なものは様々ですが,

ここでは普通寒天培地の材料を示します.

 

普通寒天培地 ( 1L分の材料 )

・肉エキス 10g ・・・栄養素

・ペプトン 10g ・・・栄養素

・NaCl    3g ・・・培地を等張にするため.

・寒天末  15g ・・・培地を固まらせるため.

 

最近は,各種培地の ”素”  が売ってありますが,

培地には,何が,何のために入っているかを理解した上で使用しましょう!

 

Step 2  材料を純水に溶かそう!

 

培地は使う量や頻度によって,用途に合った量を作るのが良いです.

筆者は,200mlずつ作製しています.( 平板培地1枚 = 15〜20ml )

 

[操作]

この段階では雑菌が混入しても問題ないです.

①メスシリンダーで純水を計りとり,少しガラス容器に加えます.

②電子天秤で上記( Step1 )の試料を計りとり,ガラス容器に加え,軽く混ぜます.

③残りの純水を全量ガラス容器に加えます.

④簡単に混ぜます.

  

後で高圧蒸気滅菌すると解けるので,

この段階では試料が完全に解けていなくても大丈夫です!

 

Step 3  高圧蒸気滅菌しよう!

 

オートクレーブという機械で,ガラス瓶ごと滅菌をします.

 

図のように,ビンの口を滅菌栓で栓をし,アルミホイルを2重にして覆います.

 

 

 

2気圧,121℃,15〜20分の設定で高圧蒸気滅菌を行います.

この時に,きちんと上記条件を満たして滅菌できたかを評価できる,

滅菌テープ(滅菌インジケータ)を貼っておきましょう.

きちんと滅菌できていれば滅菌テープにラインが現れます!

 

 

 

オートクレーブから取り出した培地は,寒天が下部に溜まっているので

机の上に置いたまま優しく回して,均一に混ぜましょう.

きちんと混ぜないと始めに分注した培地は柔らかく,後に分注した培地は硬くなってしまいます.

 

 

 

 

滅菌した培地はすぐに分注してもいいし,

培地によって保存期間は変わりますが,ガラス瓶ごと室温保存しても大丈夫です.