Skip to main content

GPAの使い道: おわりに

将来「GPA上げておけばよかった!」と,後悔をしないためのガイド!

おわりに

 

大学の履修制度には,必修科目と選択科目があります.

必修科目は,単位取得しなければ卒業できない講義ですが,

選択科目は,いくつかの選択肢から自分で学びたい講義を選択できます.

しかし,講義の難易度は科目や担当教員によって様々で,

成績に影響する場合もあります.

 

もちろん,難しい授業でもAをとることは可能ですが,

勉強に多くの時間を費やし

他の科目の勉強に手が回らなくなるケースもあります.

そのため,楽な講義に人気が集まりがちですが,

楽に高いGPAを取る事だけが大切とは限りません.

本ガイドは良い成績(GPA)を取ろう!という趣旨で作りましたが,

授業や試験が難しくても知識や経験,考え方を学ぶ事は大切な事です.

それは,本ガイドで知ったGPAの利用法を基にして,

自分自身で何を優先するかを,その都度選ぶ必要があると思います.

 

このガイドが将来を考えるいいきっかけになればと思います.

最後まで見て頂きありがとうございました.

 

このガイドの作製者

福田 博之's picture
福田 博之
Contact:
本ガイドは図書館学習サポーター/図書館TA(Cuter)として勤務した際に作成したものです。

勤務期間 :2014年5月~2016年3月
当時の身分:大学院生(修士課程)
当時の所属:九州大学大学院医学系学府保健学専攻検査技術科学分野
作成者の所属:08_医学部/医学系学府