Skip to main content

GPAの使い道: 留学(大学院)

将来「GPA上げておけばよかった!」と,後悔をしないためのガイド!

海外の大学院進学

 

進級するうちに留学に興味をもつ人も出てくると思いますが

大学を卒業後,海外の大学院に進学する際に必要なGPAは

3.0以上だと言われており,

実際に,いくつかの大学ではGPA 3.0という足切りが存在します.

 

大学や専攻によってGPAの平均にばらつきがあるため,

楽にGPA3.0をクリアできる専攻もあれば,

GPA3.0を超しているのは優秀者だけという専攻もあるでしょう.

実は,大学毎に評価基準が異なる事を留学先も知っているので,

大学によっては、GPAが悪くても他(エッセイや推薦状,業績など)が良ければ

合格することもあるとも聞きます.

 

さらには,低いGPAを取った納得のいく事情を説明すれば

考慮されることもあると聞きました.

 

しかし,このように様々な情報が飛び交うのは

各大学院や受験年等によって異なるからであり,

GPAが低くても諦めるのは早いですが,

このガイドを見ている学部生は

なんとかいい成績を取るように頑張ってください!

 

おすすめのガイド