Skip to main content

就活に勝ちたい文系のあなたへ: 筆記試験はスピードアップを図る

就活に悩んでいるあなたへ、私自身の就活心得を踏まえて、内定を獲得するコツを紹介します。

解答方法を知るだけでは足りない

大部分のWEBテストや、SPI試験に時間制限があります。解答方法を知っても、高得点を得ない場合が多い。

「スピード」と「正確さ」がカギ

 選考のなかで、筆記試験に落ちる人が多い。たぶん応募人数が多いので、次の面接の段階に入る前に、客観的な点数で人数を絞る必要があるからでしょう。しかし、毎回テストの得点は私達には知らされていないのは不安です。私は毎回記憶や感覚で推測していました。

 WEBテストはいろんな種類があります。玉手箱、TG-WEB、 WEB-CABなどがよく見られます。また、SPIはテストセンターで受ける試験です。SPI2、SPI3までバージョンアップされています。個人的に、WEBテストのほうが難易度が高く感じます。しかし、WEBテストは企業によって違い、SPIは大部分の企業が採用しているので、私はSPIの練習に力を入れました。

 これらのテストに時間制限があります。特に、文系の人は計数が苦手なので、いっぱい練習して、スピードと正確さをアップしてこそ高得点を得ます。特に、SPIは練習すればきっと成果が出ます。私は毎回同じ種類の問題を解けないことに気づき、重点的に練習していました。様々な参考書のなかで、自分に一番合う参考書を選んだ方が良い。

 スピードアップを意識しながら練習すれば、高得点に近づきます。

参考書

Subject Guide

高 静's picture
高 静
Contact:
本ガイドは図書館学習サポーターとして勤務した際に作成したものです。

勤務期間 :2013年4月~2015年3月
当時の身分:大学院生(修士課程)
当時の所属:九州大学大学院比較社会文化学府日本社会文化専攻