Skip to main content

看護大学院へのすすめ: 最後に&参考文献

看護で大学院に? 看護で大学院って、何をしているの?? と、学生から社会人の方まで大学院に興味をもっている方に。

学部学生へのメッセージ

まだまだ学部から大学院へ進学する人は少なく,

社会人の方が多い環境の中で、学生をしていくのはとても不安の多いことです。

大学院へ道を強制するわけではありませんが,

こういった進路の選択肢もあるのだなあ

ということを知ってほしいなと思います。

少しでも看護学生の中で大学院への興味を持ってくれる人が増えると、とても嬉しいです。

ここまで読んで頂き本当にありがとうございました。

参考文献

最後にこのガイドを作るにあたって参考にした文献を載せておきます。

よくわかる看護研究論文のクリティーク 山川みやえ・牧本清子編著

 

文献をクリティークする力を身につけたいときにとても参考になる本です。主に質的研究についてですが、クリティークするとは何か?どういった見方が必要か?など細かいところまで全て書いてあります。文献クリティークチェックシートもついています。看護の修士へ進まれる方は、一読されることをおすすめします。

看護研究:原理と方法 第2版 D. F. ポーリット, C. T. ベック著 ; 近藤潤子監訳 ; 後藤桂子 [ほか] 訳

実際に学校で使用している看護研究についての本です。原書は英語で,この本は翻訳したものです。内容はびっしりでとても分厚いので,読んでみようという気にならない本ですが・・。基礎からしっかりと書いてあります。

看護における研究 南裕子編集

看護研究について上記の本よりも少し砕いて説明してあります。上記の本を読んでわからないなと思ったらこちらから読んでみるのも良いと思います。