Skip to main content

九州大学医学部生命科学科ガイド: 3年生(前期)

九州大学生命科学科の講義、学生生活、進路、キャンパスなどを紹介します。

3年生前期で学ぶ科目

3年生前期では

・病理学

・免疫学

・薬理学

・細菌学

・寄生虫学

・社会医学

を学びます。

 

九州大学附属図書館に所蔵されていて、勉強に役立ちそうな本もあわせて紹介しています。

病理学

病気に侵されたときに、組織や細胞が起こす形態変化や病態を中心に学びます。

講義だけでなく、組織切片を顕微鏡で観察してスケッチなども行います。

免疫学

「免疫」は感染症にかかった時はもちろん、予防注射やアレルギー、腫瘍、自己免疫疾患、移植にも関わる重要な生体反応です。体の中にどのような免疫機構が備わっているのか、免疫機構が破綻してしまうとどうなるのかを学びます。

薬理学

薬がどのような効果を体にもたらすのか、薬の服用ではどのようなことに注意するべきかなどを学びます。

細菌学

とにかくいろんな種類の細菌を学びます。実験や観察もあります。

寄生虫学

寄生虫について学びます。

寄生虫の感染例を学んでいくうちに、寄生虫が意外にも身近な存在であると分かり、生ものを食べるときに若干気をつけるようになります。

社会医学

社会医学的要因と健康の関わりについて学びます。

具体的には、法医学や公害について学びました。

法医学では、実際の事故現場の写真もスライドでばんばん出てくるのでとても衝撃的でした。