Skip to main content

細胞培養入門: トリプシン/EDTA

細胞培養をこれから始める人に、培養の基本を解説します! 実験で使う水の種類や無菌操作についても説明します!

トリプシン/EDTA

ディッシュや培養フラスコに付着して増殖する細胞を継代する時は、

細胞をディッシュや培養フラスコの底から剥がし、なおかつ細胞同士の接着も剥がすことが必要です。

 

そこで、タンパク質による接着をトリプシンで、

カルシウム・マグネシウムを介した結合をEDTAで壊すことで、

細胞をばらばらにします。

トリプシン/EDTAを加えて、すぐに剥がれる細胞もあれば、

37℃に温めながら5~10分経たないと剥がれない細胞もあるので、

顕微鏡で観察しながら使用します。