Skip to main content

研究に悩んだら図書館へ: 厳選クエスチョン④⑤

図書館には悩める研究者へ贈る本がある!

迷路

厳選クエスチョン④

Q「パイロットスタディの迷路に迷い込んでいないか?」(104~106ページ)

 このクエスチョンで、これは大事だと感じたことが書いてありました。それはある程度の結果が出た段階で、論文の形を作り始めてみる。です。

 まず実験を行って、その結果にもとづいて次の実験を行うstep by step で研究は進んでいきますが、この形式にこだわりすぎると、1つの論文としての形が見えないまま実験だけが先行してしまいます。ある程度の結果が出たところで、論文の構成を考え、必要な図や表が何かを考えることで、必要な追加実験などが見えてくるはずです。

早速、自分の結果を元に論文の形を考えてみました。確かに、コレが足りない!と気付け、この実験もしなければと計画を立てることができました。

足りないものに気づくことが迷路からの脱出の鍵となりそうです。

勉強してますか

厳選クエスチョン⑤

Q「人一倍勉強しているか?」(133~137ページ)

 勉強しているか?改めて言われるとドッキッとしますね。実験をバリバリこなしていると、勉強する時間があまり取れなくなることもありますが、上手く時間を作って、テキストの基礎から最新の論文までとにかく勉強をしましょう! 

 私はというと、、、テキストを図書館で借りて(ここまでは良い)、結局読む時間の無いまま返却するということをやってしまいますが。。。

 教授方の知識量は半端ありません。やはりトップを走る方々は日々勉強し、周りが追随できないところに到達しているのでしょう。少しでも追いつくため、勉強がんばらないと!と反省しました。

「飽くなき探究心と継続的なインプットこそ、研究を続けていくための原動力となる。」です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

なぜ研究が進まないのか、意外と自分が悩んでいることは、他人も経験しているようです。

そして意外と簡単に解決するものもありそうです。研究だけでなく、悩みも一人で抱え込まないで、周囲の研究者や本に頼ることで、全てが上手く進む未来が待っていることでしょう!

この処方箋があれば、幸せになれるかもしれません。MJ 2

    

次は研究テーマを選ぶときに読むエッセイです。

他にも佐藤先生の著書がある