Skip to main content

薬とあなたに相性がある理由: おわりに

同じくすりでも良く効く人とそんなに効かない人がいるってマジ?マジです。遺伝子に注目してご説明します。

オーダーメイド治療に向けて

 

いかがでしたでしょうか

紹介できる例は、なじみの薄いくすりでしたが

アルコールの例もありますし、今後研究が進められていけば、市販の風邪薬レベルでも、効き目の個人差のメカニズムがわかる

かもしれません

 

遺伝子情報は、プライバシーの塊でありながらも、自分のそういう情報は、知らない人が圧倒的です

ですが、Z◯Z◯SUITで 自分の身長やウエストのサイズ がわかっていれば、自分にぴったりの服が見つかりやすいように

薬物代謝酵素やトランスポーターなどの遺伝子情報を、すこしでも把握していれば

将来病気にかかっても、スムーズな薬物治療設計のオーダーメイドが、可能です

 


 

薬とあなたの相性

というのは

普通の用法用量では、狙った効きかたにならない場合がある(=相性がわるい)というお話で

本ガイドでは、その原因の一つである「遺伝子多型(SNP)に焦点をあてました

 


 

くすりの効き目とSNPの関係は、積極的に研究が進められているものの

臨床現場で実際に確かめて、遺伝子診断に保険を適用させた例などは、ごくごく限られています

また、肝心の遺伝子診断のコストも決して安価とは言えず、実現への道のりは長いと言えます

 

でも、そんな「オーダーメイド医療」が、いつか現実味を帯びてきたとき

このガイドの中身を思い出し「実現するのかすげえな!」と思っていただけると幸いです

僕も楽しみです

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました

                                                       

参考図書