Skip to main content

作って遊ぼう! 見て学ぼう! 映画の仕組み(映画講座Part1): はじめに

映画がどのような技術を用いて、どのような歴史を経て誕生したのかを、簡単な工作や動画を通して気楽に楽しく見ていきましょう。 (扱う時代:紀元前〜19世紀末)

目次

・はじめに

・「映画」とは

・写真技術

 -写真の歴史

 -カメラ・オブスクラを作ってみよう

・動画技術

 -動画の歴史

 -フェナキスティコープを作ってみよう

・投影技術

 -投影の歴史

 -幻灯機を作ってみよう

・写真×動画×投影

・映画の発明

・おわりに

はじめに

最近映画を見たのはいつですか?

それはどこで見ましたか。
映画館? それとも自宅?

映画館であれば、今話題の大作映画でしょうか。
名画座のリバイバル上映を観たなんていう方もいらっしゃるかもしれません。

自宅にいても、テレビ放送を見たり、DVDのような記録媒体を買ったり、レンタルショップで借りたり、ネット配信を契約したりと、今や様々な方法で映画を見ることができますね。

映画は現在、みなさんの身近にある娯楽の一つとなっているでしょう。

しかし、映画がどのようにして誕生したのか、最初期の映画にどのようなものがあったのかは意外と知らない人も多いのではないかと思います。

そこで本ガイドでは、小学館の学習雑誌のような工作や、YouTubeに転がっている動画を使って楽しく映画が出来るまでをお伝えしようと思います。

肩の力を抜いて、楽な格好でご覧下さい〜

映像で見る映画の発展史

とはいえ、突然映画が出来るまでを伝えると言われても、そもそも昔の映画がどのようなものかピンとこないという方もいらっしゃるでしょう。

そんな声にお応えするため、面白い映像をご用意しました。

"The Evolution Of Visual Effect" というYouTubeにアップロードされた動画で、映画の特殊効果に注目してはいるものの、ここ100年超の映画の流れが約3分でわかります。

忙しい人も、何とかして3分時間を作って見てみてください。
きっと楽しんでいただけると思います。

ちなみに、このガイドで取り扱うのは動画が始まって20秒くらいの時点までです。
映画の長い歴史の中では、ほんのとっかかりの部分ですね。

Subject Guide