Skip to main content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

就活に勝ちたい文系のあなたへ: 自己分析は早めに着手

就活に悩んでいるあなたへ、私自身の就活心得を踏まえて、内定を獲得するコツを紹介します。

自己分析を徹底しなきゃ

「就活は自己分析に始まり、自己分析に終わる」という言い方があります。自分のことを知ることが大切です。

さっそく始めましょう!

 自分はどんな人間なのか、何をやりたいのかをはっきり分からないと、企業側に上手く自分を紹介することができません。頭の中で考えるより、リストを並べて、文章に入れ替えたら、明晰で分かりやすいし、他人に読んでもらって、繰り返して訂正することもできます。

 分析した後の「私」のイメージには

1素直さがある

 といっても、消極的な情緒を表さないほうが良い。もちろん気取りもマイナス評価につながります。

2一貫性がある

 私生活上の変化、学校の進学など、自分が選んできたこれまでの人生のなかで、通じるところがあるはずです。そこにあなたの人間性が見られます。

3企業が評価する要素がある

 あなたはどんなに優秀でも、この会社に合わない人間なら、最終的に落ちる可能性が高い。

 あなたが持っている色んな良い面のなかで、評価される面を重点的にアピールします。

 自己分析は、エントリシートの作成や面接に役立ちます。就活の成敗を決める一因です。

参考書

Subject Guide

高 静's picture
高 静
Contact:
本ガイドは図書館学習サポーターとして勤務した際に作成したものです。

勤務期間 :2013年4月~2015年3月
当時の身分:大学院生(修士課程)
当時の所属:九州大学大学院比較社会文化学府日本社会文化専攻