Skip to main content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

就活に勝ちたい文系のあなたへ: 面接の練習は多めに行う

就活に悩んでいるあなたへ、私自身の就活心得を踏まえて、内定を獲得するコツを紹介します。

面接で緊張しやすいけど

緊張しやすいのは自信がついていないからです。「結果」より「今」を楽しんでください!あなたこそ主導権を握っています。

面接=コミュニケーション

 自分をうまくアピールするために、面接の練習が必要です。九大の就職支援課や、ハローワークなどは新卒を応援しています。留学生なら、福岡県留学生サポートセンター九州グローバル産業人材協議会なども支援しています。事前に連絡して、予約する必要があります。その他、先輩や友達にも聞いてもらい、一回でも多く練習しましょう。きっと効果が出ます。

 面接は自分をアピールするいいチャンスなので、たくさんしゃべりたいと思いがちです。けっきょく落ちたりします。それは自己中心的な面接になってしまったからだと思います。面接はあくまでコミュニケーションです。一方的なスピーチという感じより言葉のキャッチボールみたいな話し方が好印象です。私はこれが原因で面接を一回失敗したことがあります。緊張すればするほど、たくさんしゃべるタイプです。

 多くの人は面接で緊張します。原因がいろいろありますが、「準備が足りない」、「ライバルが強い」、「落ちたらどうする」など、主に心因的な要因が影響を与えています。このようなマイナスな心因が出るのは願望が強いからや、結果に注目しているからだと思います。その時、「落ちてもほかの会社があるから大丈夫」、「長い人生のなかで、ただの何十分の時間だけ」、「今日はどんな人に会えるかな、優しい人?格好いい人?」など自己暗示をすれば、自ずと落ち着きます。

 面接=コミュニケーションです。相手といいキャッチボールしましょう! 

 

 

参考書

Subject Guide

高 静's picture
高 静
Contact:
本ガイドは図書館学習サポーターとして勤務した際に作成したものです。

勤務期間 :2013年4月~2015年3月
当時の身分:大学院生(修士課程)
当時の所属:九州大学大学院比較社会文化学府日本社会文化専攻