Skip to main content

読めばもっと面白くなる!? 九大で読める漫画関連書籍: 艦これ

九大で読める漫画関連書籍についてのブックレビューです。一部他の図書館のものもあります。

艦これ

http://p.dmm.com/p/general/netgame/feature/kancolle/pic_main.png

「艦隊これくしょん~艦これ~」

DMMオンラインゲーム (ゲームHPに飛びます)

 

正直私はこのゲームをプレイしたことがないので詳しい解説ができないのですが、現在人気のオンラインゲームです。

第二次世界大戦時の大日本帝国海軍艦隊を擬人化した”艦娘”達を使って未知の敵と戦うゲームです

女の子となった艦隊たちが可愛いうえに、忠実にのっとって描写されているところも魅力の一つです。

女の子たちはたくさんいるので、お気に入りの子を見つけてプレイしてみるのも楽しいのではないでしょうか。

最近はドイツ帝国海軍の艦隊も登場したらしいです。

 

関連書籍 (九大所蔵)

「海軍主計大尉小泉信吉」

小泉信三 文芸春秋

 

慶應義塾の塾長であった著者の息子が25歳で戦死するまでの回想と戦地から送られた手紙をまとめた一冊です。

彼は重巡洋艦那智に乗り、食料や衣料を管理する仕事をしていました。

(艦これにも那智というクールビューティーな艦娘がいます)

厳しい戦局から送られる手紙なのに、内容は美味しかった食事や楽しかった山登りなど、軍事機密で詳しいことは書けないとはいえのんきな大学生の旅行記みたいで、また手紙の中から溢れ出るユーモアやウィットから、彼もまたスマートなネイビー(海軍の軍人)なのだなと感じさせます。

著者の回想から、25年間慈しんで育てた息子への愛情と戦争で失った悲しみが伝わってきます。

関連書籍 (九大にありません)

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51KDFsNAPPL.jpg

「海軍めしたき物語」

高橋孟 新潮文庫 (図書館検索カーリルに飛びます) 福岡市図書館所蔵

 

第2次世界大戦前、ひょんなことから海軍で料理を作る飯炊き兵(海軍のコックさん)になった著者の体験談です。

この兵隊さんは銃ではなくしゃもじを持って戦う兵隊さんなので、残酷な描写は少ないです。

常に残酷と思われる戦場の世界ですが、麦飯に見せかけた白飯の盛り方や砂糖が賄賂代わりになった話など、船の上でほぼ唯一の楽しみである食事に全力を賭けた兵士達の姿がユーモラスに描かれています。

海上自衛隊カレーフェスティバルなど今日自衛隊の食事が注目されていますので、海軍グルメに興味のある方にはおすすめの一冊です。

(ちなみに著者はシゴキが厳しいことで有名な霧島に乗っていました。艦これだとかわいいメガネっ子です。)


https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51wDlq6dl8L.jpg

「海軍めしたき総決算」

高橋孟 新潮文庫 (糸島市立図書館に飛びます) 糸島市立図書館所蔵

 

「海軍めしたき物語」の続編です。

乗っていた船が沈没してサメに足を噛まれた後、サイゴンで療養生活を送るところからお話が始まります。

この本では著者が経理の道に進んでしまったため、ほとんどご飯を作る場面はありませんが戦争末期の海軍の雰囲気と終戦後の軍人の苦労が描かれています。

著者が武器を持って戦う場面は全然ないので勇敢な軍記物とはお世辞にも言えませんが、残酷な戦争の裏でしゃもじやそろばんを武器に戦っていた姿がたくさんのイラストを交えて描かれています。


https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61JxhMpD84L.jpg

「海自レシピ お艦の味:元気が出る!安くて美味しい力めし」

小学館 (図書館検索カーリルに飛びます) 福岡市図書館所蔵

 

大飯喰らいの多い艦娘達がきっと食べているであろう海上自衛隊のレシピ集です。

海上自衛隊の様々な艦船で作られている料理を掲載しています。

カレーだけでも艦ごとにシーフードカレーからトマトカレーまで個性があり、男性が多く体力勝負な世界であるためがっつりとしたメニューが多いことも特徴です。

隠し味についても掲載はしているのですが、非公開となっているものも多く、味の秘密は国家機密なんだなと心の中でほくそえんでしまいました。