Skip to main content

Cuter本棚~九大図書館で読めるオススメの一冊~: 人工知能-手段か目的か-

これまでCuterが選書してきた数多くの本を当時の紹介文付きで展示しています!順次更新予定!!

今回の本棚は…

「人工知能」という言葉が初めて使われたのは、1956年6月。アメリカのダートマス大学で開催された「ダートマス会議」でのことです。ここで初めて,“Artificial Intelligence (人工知能)”という言葉がジョン・マッカーシーによって使われました。その後60年代にかけて、コンピュータを使ってルールとゴールが決まっている問題を解く研究が進みました。この時代は第一次AIブームと呼ばれています。

しかし、答えが決まっている問題は解けても、現実の複雑な問題はAIには難しいということが明らかとなり、やがて70年代から研究は停滞。
冬の時代へ突入します。

その後80年代に入り、コンピュータに専門家(エキスパート)の膨大な知識をもたせるという「エキスパートシステム」の登場により、第二次AIブームが始まります。
医療や金融の現場で、実用的なシステムが多く作られました。

ですが、この第二次AIブームも、長く続くことはありませんでした。知識を完全に記述・管理することには限界があったためです。
人工知能研究に、再び冬の時代が訪れます。

そして現代。人工知能研究は、2度のブームと冬の時代を乗り越え、本格的に花開きました。機械学習とディープラーニングの時代、第三次AIブームです。現在、人工知能は様々な分野で活躍しています。医療や自動運転、将棋や囲碁、さらには人工知能を通して人間の意識の本質に迫るといったような研究も行われています。人工知能を考えることは、人間の意識、知能を見つめなおすことにも繋がります。

この本棚には、人工知能に関するあらゆる本を集めました。機械学習やディープラーニングといった人工知能技術に関する専門書、人工知能を扱った小説、さらには哲学や生物学の本まで。
この本棚を通して、人工知能の世界を知ってみませんか?

ベイズ推論による機械学習入門 = Introduction to machine learning by Bayesian inference

精霊の箱:チューリングマシンをめぐる冒険

教師なし学習入門

人工知能のための哲学塾

AIは「心」を持てるのか : 脳に近いアーキテクチャ

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?

ウィトゲンシュタイン : 「私」は消去できるか

生態学的視覚論 : ヒトの知覚世界を探る

わかりやすいパターン認識

聖者の行進

脳・心・人工知能 : 数理で脳を解き明かす

情報理論

Pattern recognition and machine learning

人間さまお断り : 人工知能時代の経済と労働の手引き

Machine learning : a probabilistic perspective

ゼロからわかる人工知能 : 基本的なしくみから応用例,そして未来まで

2001年宇宙の旅 : 決定版

方法序説

藝術論

昆虫の脳をつくる : 君のパソコンに脳をつくってみよう

精神分析入門

コンプリート・ロボット

脳とコンピュータはどう違うか : 究極のコンピュータは意識をもつか

生命とは何か : 物理的にみた生細胞

機械より人間らしくなれるか? : AIとの対話が、人間でいることの意味を教えてくれる

アンドロイドの「脳」 : 人工知能ロボット"ルーシー"を誕生させるまでの簡単な20のステップ

自動人形 (オートマトン) の城 : 人工知能の意図理解をめぐる物語

イラストで学ぶ機械学習 : 最小二乗法による識別モデル学習を中心に

スマート社会を実現するIoT/AI(人工知能)/ロボットがサクッとわかる本 : 乗り遅れるな。IoT、AI、ロボット、センシング技術が社会を変える

フッサール : 心は世界にどうつながっているのか

デリダ : なぜ「脱-構築」は正義なのか

元型論

DNAに魂はあるか : 驚異の仮説

アキハバラ@deep

『2001年宇宙の旅』講義

AIと日本企業 : 日本人はロボットに勝てるか