Skip to Main Content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

学外から電子ジャーナルやデータベースにアクセスするには: リモートアクセスサービス

九大の在学生・教職員の方が、自宅や出張先など大学の外から、九大契約のデータベース・電子ジャーナル・電子ブックを利用する方法です。

リモートアクセスサービスとは

九大の在学生や教職員が電子ジャーナル等の契約コンテンツに学外からアクセスするための最も簡単な方法です。

何が利用できるの?

全ての契約コンテンツが学外から利用できるようになるというわけではありません。電子ジャーナルや文献データベースは、契約により利用条件が細かく定められており、キャンパス外からのアクセスが契約で認められたコンテンツだけが対象となっています。

リモートアクセスサービスに対応しているデータベースについては、図書館ウェブサイトのデータベース一覧ページ「利用方法」の欄に「自宅・出張先」というアイコンが表示されています。

また、以下にログインすることにより、リモートアクセスサービスに対応している電子ジャーナル・電子ブック・データベースのプラットフォーム一覧を確認することが可能です。
→ 利用可能なプラットフォーム一覧

Tips

ログインしたのにアクセスできない?

ログインしたのに学外から電子ジャーナルにアクセスできない、、、といったトラブルは以下の原因が考えられます。

  • そもそも九大では契約していない電子ジャーナルかもしれません。電子ジャーナルリスト「きゅうとE-Journals」で九大で利用可能かどうか確認してみましょう。

  • 出版社がキャンパスの外からのアクセスを認めていないかもしれません。上のボックス「何が利用できるの?」をご一読ください。

  • 必ず図書館ウェブサイトからアクセスする必要があります。図書館ウェブサイトにログインしても、図書館ウェブサイトのリンクから辿ってではなく、ブラウザのお気に入りに既に登録してあるリンクからアクセスしたり、新しく別のブラウザを手動で立ち上げてアクセスした場合は、リモートアクセスの効果は消えてしまいます。なお、リモートアクセス中には、図書館ウェブサイトから各コンテンツにアクセスした際にURLに必ずanywhere.lib.kyushu-u.ac.jpという文字列が含まれています。

文献管理ツールとの連携

EndNote、Mendeley、Papers、ReadCubeなど文献管理ツールには、文献PDF収集機能を備えるものもあります。文献管理ツールにプロキシサーバURL設定の画面があれば、以下のURL(このリモートアクセスサービスのサーバURL)を登録してみましょう。学外からでも文献PDFが収集できるようになります。

利用手順

1.
学外から九大図書館のウェブサイトのトップページにアクセスします。

2.
検索ボックスの真下をご覧ください。鍵のアイコンと共に「ログインすると、九大で契約するコンテンツの本文にアクセスできます。」というオレンジ色のメッセージが表示されています。このオレンジ色のメッセージをクリックします。

   


3.
九州大学シングルサインオンシステムのログイン画面が表示されますので、IDとパスワードを入力してください。


 4.
すると、図書館ウェブサイトのトップページに戻ります。鍵のアイコンとオレンジ色のメッセージは消えています。

 

5-1.
この状態から「世界の文献」や「九大コレクション」を検索してヒットした電子ジャーナル等の九大契約コンテンツは学内ネットワークからと同様にアクセスすることができます。


 

 


5-2.
あるいは、利用したい文献データベースが決まっている場合、画面上部の「データベース」タブをクリックし、データベースの一覧を表示させます。

データベース一覧のページでは、リモートアクセスサービスに対応しているデータベースについては、「利用方法」の欄に「自宅・出張先」というアイコンが表示されています。


該当するデータベースの「利用する」アイコンをクリックすると学内ネットワークと同様にアクセスすることができます。