Skip to Main Content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

GPAの使い道: 就職活動

将来「GPA上げておけばよかった!」と,後悔をしないためのガイド!

就職活動

 

就活では,採用担当(者)の考え方や,会社が何を求めているかによって

GPAが重要視されるかどうかが変わると思います.

 

聞いた話によると,GPA(成績)を提出させる理由は,

1、専攻科目を確認するため

2、学年ごとのGPAの推移を見るため

3、真面目さを判断するため

4、足切りの材料 (例:GPA3.0以下は不採用)

の4つがありました.

 

他にもあると思いますが

だいたいこんなところでしょう.

 

あえて書くほどの事ではありませんが,

希望する就職先が何を重要視するかは分からないので

GPAは高いにこしたことはないです!

 

 

さらに,学部学科によっては校内推薦といって,

GPAや院試の成績優秀者が優先して就職の校内推薦をとることが

できるらしいです.

これも,その専攻の先輩に聞いてみるといいでしょう.

 

 

 

 

 

  

就活の情報収集

 

就活で重要な事の1つに,情報収集があります.

本やインターネットなど,さまざまな媒体があり,

知りたいことがあれば

本を読むなり,ググるなりすればいいと思います.

 

先輩や先生に聞くのもありです.

 

しかし,個人的な意見ですが,就活のひと通りの流れを知るために,

就活の基本的な事柄書かれた(下記のような)を読んで

纏まった知識を得る事をおすすめします.

(ES,グループディスカッション,OB・OG訪問,Webテストって何?などなど)

インターネットだけだと,必要な情報がとびとびになりがちなので!

 

おすすめのガイド