Skip to main content

★デザインって何?身の回りのデザイン: 1: デザインって?

何気なく使っている身の回りのモノをデザインという目で解説します。高校生の皆さんや九州大学の他学部の皆さんに見てもらいたいガイドです。

Librarian

永嶋 拓仁's picture
永嶋 拓仁
Contact:
本ガイドは図書館TA(Cuter)として勤務した際に作成したものです。

勤務期間 :2019年4月~2020年3月
作成時身分:大学院生(修士課程)
作成時所属:九州大学大学院芸術工学府デザインストラテジー専攻

プロダクトデザイン(製品などのモノのデザイン)を専門としております。特にインクルーシブデザインを専門とする研究室に所属しており社会問題などを解決するモノのデザインをしております。

デザインってよく聞くけど...

 

皆さんは、「デザイン」と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?

「あのポスターの”デザイン”可愛いね!」

「この椅子の”デザイン”シンプルで好き」

など、普段生活の中でデザインに遭遇することは多々あると思います。

デザインの対象によって「〇〇デザイン」と呼ばれ、それに従事するデザイナーも〇〇デザイナーなどと呼ばれます。

ポスターやブックレットなどグラフィックをデザインする者はグラフィックデザイナーとなり、

Webをデザインするとウェブデザイナーと呼ばれたりします。

本ガイドの著者の私は、プロダクトつまり製品を中心にデザインする「プロダクトデザイナー」です。

具体的な対象としては、家具や家電、自動車など大きなものから、文房具や日用雑貨など小さいものまで、

ありとあらゆる形あるものが対象となります。普段何気なく使用しているスマートフォンなどもその一例と言えます。

今回は、身の回りにあるモノ、プロダクトに注目してデザインのお話をします。

 

 

 

▶︎次項:『そもそも芸工って?』