Skip to main content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

日本近現代女性作家及び作品: 昭和(戦後)期

文壇における大家は男性のほうが多いにもかかわらず、女性作家は美しい流星のように輝いている。彼女らは女性特有の繊細かつ流麗な筆致で人生や社会を描き出し、読者を魅了してきた。

解説

   文学史的には、曾野綾子は遠藤周作らと共に「第三の新人」に属し、有吉佐和子とならんで才女の双璧とされ、その育ちのよさと美貌で世の注目を集めた。

 戦後、原爆文学は一つのジャンルとして登場した。被爆体験を通して、作家たちはその悲劇を記録し、鎮魂した。林京子はその一人だ。平和と人間性回復を希求する彼女の作品は一読の価値がある。

曽野綾子(その あやこ)

曾野綾子 昭和6年9月17日〜存命中(1931年〜)。小説家。東京生。本名三浦知寿子。一貫したカトリック教育を受ける。昭和24年、中河与一の主宰する同人雑誌「ラマンチャ」に入り、第一五次「新思潮」の同人となり、『遠来の客たち』(昭29)が芥川賞の候補作にあげられ、これが出世作となった。その後、『バビロンの処女市』(昭29)、『海の御墓』(昭29)などを発表して作家の地位を確立し、有吉佐和子とならんで才女の名をほしいままにする。相次いで東南アジア、南北アメリカ、ヨーロッパに旅行。『弥勒』(昭39)、『無名碑』(昭44)、『生贄の島』(昭44)、『人間の罠』(昭46〜47)などを発表。白内障で失明したが、手術に成功し、『贈られた眼の記憶』(昭56〜57)で世評を呼んだ。

林京子(はやし きょうこ)

林京子 昭和5年8月28日〜存命中(1930年〜)。小説家。長崎生。本名宮崎京子。上海で育った。昭和20年、通学のため長崎市に下宿し、特一号被爆者になる。昭和50年、被爆体験を赤裸々に描いた『祭りの場』で群像新人賞、芥川賞を受賞。その後も自身の被爆体験や家庭における問題、上海での少女時代などをもとにした作品を展開していく。8月9日の語部として祈りと鎮魂に貫かれた秀作『ギヤマンビードロ』(昭53)、『無きが如き』(昭56)を書いて自己の文学を確立。『上海』は(昭58)女流文学賞を、『三界の家』は(昭58)川端康成賞を受賞。また、平成2年『やすらかに今はねむり給え』で谷崎潤一郎賞、平成12年『長い時間をかけた人間の経験』で野間文芸賞を受賞。

Subject Guide

高 静's picture
高 静
Contact:
本ガイドは図書館学習サポーターとして勤務した際に作成したものです。

勤務期間 :2013年4月~2015年3月
当時の身分:大学院生(修士課程)
当時の所属:九州大学大学院比較社会文化学府日本社会文化専攻