Skip to main content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

日本近現代女性作家及び作品: 平成期

文壇における大家は男性のほうが多いにもかかわらず、女性作家は美しい流星のように輝いている。彼女らは女性特有の繊細かつ流麗な筆致で人生や社会を描き出し、読者を魅了してきた。

解説

 江国香織は美しい日本語感覚を持って、独特な作品世界を描く作家だ。恋愛小説は女性読者に人気で、「恋はするものではなく、落ちるものだ」などの名言に感銘する。

 柳美里は在日韓国人として芥川賞を受賞したことから、彼女の実力をよく分かる。彼女は私生活を取材し、家庭問題や児童虐待などを題材にして多くの作品を発表した。

江國香織(えくに かおり)

江國香織 昭和39年3月21日〜存命中(1930〜)。小説家、児童文学作家、翻訳家、詩人。東京生。昭和62年、『草之丞の話』で、はないちもんめ「小さな童話」大賞を受賞。平成1年、アメリカ留学時の体験を題材にした小説『409ラドクリフ』でフェミナ賞を受賞。同年に初の短編小説集『つめたいよるに』を刊行。平成4年、『きらきらひかる』で紫式部文学賞を受賞。平成16年『号泣する準備はできていた』で直木賞を受賞。その他、『冷静と情熱のあいだ』(平11)、『東京タワー』(平13)などの秀作もある。エッセイ、絵本、詩の執筆活動を続け、『雨はコーラがのめない』では、雨と音楽との生活を綴っている。透明感あふれる端正な文章、つよさと繊細な心細さを併せ持つ独特な魅力で、若い女性に支持されている作家である。

柳美里(ゆう みり)

柳美里 昭和43年6月22日〜存命中(1968年〜)神奈川出身の在日韓国人。小説家、劇作家。平成六年、処女小説『石に泳ぐ魚』を文芸誌「新潮」に発表し小説家としての活動を開始。平成8年、『フルハウス』で第二四回泉鏡花文学賞、第一八回野間文芸新人賞を受賞。翌年、『家族シネマ』で第一一六回芥川賞を受賞。在日韓国人による芥川賞受賞は、韓国メディアを賑わせた。平成11年、『ゴールドラッシュ』で第三回木山捷平文学賞を受賞。平成12年6月自伝小説『命』を出版、『命』はその後『生』『魂』『声』と書き継がれ四部作をなした。朝日新聞夕刊にて、五輪マラソンランナーを目指していた祖父を題材にした作品『8月の果て』を連載(平成14〜16)。平成15年、福田和也、リリー•フランキー、坪内祐三と共に、文芸誌『en-taxi』を創刊。平成21年、前年の「虐待騒動」を題材にして初ノンフィクション『ドキュメント「児童虐待」』を『G2』に発表。翌年、連載に書下ろしを加えた『ファミリー・シークレット』を上梓する。 

Subject Guide

高 静's picture
高 静
Contact:
本ガイドは図書館学習サポーターとして勤務した際に作成したものです。

勤務期間 :2013年4月~2015年3月
当時の身分:大学院生(修士課程)
当時の所属:九州大学大学院比較社会文化学府日本社会文化専攻