Skip to main content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

近年のノーベル文学賞受賞者は誰?: マリオ・バルガス・リョサ

生い立ち

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/9/9a/Mario_Vargas_Llosa.jpg/1024px-Mario_Vargas_Llosa.jpg

1936年にペルーで生まれ。十歳の時家族と共に、ベルー北部の小都市ピウラに移るが、荒涼とした砂漠に接することが強烈な印象を残す。両親が和解して、首都のリマに移る。文学と法律を学び、スペインに留学。欧米に滞在し、ジャーナリストや映画関係の仕事に従事。1955年に最初の短編小説を発表。1976年に国際ペンクラブ会長に選出され、ペンクラブの会長として、言論の自由を求める亡命者たちの立場を守り、1979年に日本を訪れる。1990年にペルー大統領選に出馬するが、敗れる。小説のほか、『ガルシア=マルケス―ある神殺しの歴史』など評論や戯曲も数多い。現代ラテンアメリカ文学を代表する最も著名な作家の一人。

 

(参考文献:『集英社世界文学事典』1238頁 2002年発行)

作品

関連映画

このコメディ映画 「ラジオタウンで恋をして」(英語でTune in Tomorrow)は1990年に上映され、マリオ・バルガス・リョサの1977年に書かれた小説『フリアとシナリオライター』(英語で”Aunt Julia and the Scriptwriter”)をもとにした映画です。彼の早期の作風が読み取れます。

Subject Guide

高 静's picture
高 静
Contact:
本ガイドは図書館学習サポーターとして勤務した際に作成したものです。

勤務期間 :2013年4月~2015年3月
当時の身分:大学院生(修士課程)
当時の所属:九州大学大学院比較社会文化学府日本社会文化専攻