Skip to main content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

近年のノーベル文学賞受賞者は誰?: トーマス・トランストロンメル

生い立ち

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/cd/Transtroemer.jpg

スウェーデンの国民的な詩人、心理学者。1931年にストックホルムで生まれ。1954年に処女詩集『17編の詩』を発表。父はジャーナリスト、母は教師、幼少時に離婚、母とフォルクンガに移り住む。1990年に重い脳卒中に見舞われる。言語発声能力を失うが、試作は続ける。『悲しみのゴンドラ』、『大いなる謎』二詩集で世界的に高い評価を受ける。1993年に自伝『記憶がわたくしを見ている』を発刊。2001年に『航空便』を発刊。彼が日本俳句に出会ったのは1960年代の始め、アメリカで俳句関係の論文を読んだ事がきっかけ。二十世紀のヨーロッパで最後の「詩歌の巨匠」と言われたトランストロンメルは、谷川俊太郎とほぼ同じ詩歴をもっている。同じ1931生まれ、十代後半に詩を書き始め、スウェーデンの叙情詩表現に驚異的な革新をもたらした。現在、北欧の代表的詩人とされる。心理学者としての実務も併行して来た。詩集15冊で、比較的寡作だが、その翻訳はすでに60か国語を超え、内外に傾倒する読者を持つ。文学賞数は25に及ぶ。

 

(参考文献:『集英社世界文学事典』2002年発行 1103頁/『現代詩手帖』2012年2号 思潮社)

 

作品

詩作の鑑賞

「野うさぎと樫の樹々」 エイコ・デューク訳(『現代詩手帖』2012年02月号)

「野うさぎと樫の樹々」は「俳句詩」と呼ばれる4篇の作品で構成されている。

野うさぎ一匹が消えた

見知らぬ出口を抜け出たものか

野の風景から去った。

*

風吹きすさぶ春の一夜。

なべて 樫の樹々が

空の扉を打つ。

*

遠ざかり行く足音が

床に沈みこんだ

さながら梁に落ちた葉のように。

*

森が空に浮き--

松の枝々は伸び広がり--

そして 森ごと飛び去った。

関連音楽

この曲は当時71歳であった作曲家フランツ・リストが1882年頃、友人であり、娘婿であり、好敵手でもあるワーグナーの死を予感して作った曲。曲名は「悲しみのゴンドラ」。この曲は第一稿と第二稿があり、どちらも暗さを帯びる。詩人トーマスはピアノ演奏に優れ、この二人の偉大な作曲家をモチーフに詩「悲しみのゴンドラ」を作る。

Subject Guide

高 静's picture
高 静
Contact:
本ガイドは図書館学習サポーターとして勤務した際に作成したものです。

勤務期間 :2013年4月~2015年3月
当時の身分:大学院生(修士課程)
当時の所属:九州大学大学院比較社会文化学府日本社会文化専攻