Skip to main content

設計事務所のお仕事 建築家になりたい方へ: CADを使えるようになろう

建築CADの種類




図面をひく時は昔はドラフターという製図台を使用していました。

しかし、現在の実務の中では図面は主にCADを用いパソコンで図面を描きます。

この時使うCADソフトは多数存在し、事務所によって使うものが違います。

CADソフトの種類

Jw_cad

VectorWorks

AutoCAD

DRACAD

SolidWorks

Catia

I-DEAS

などなど他にもあり、たくさんあります。


事務所により使っているCADが違うため、入りたい事務所を事前にリサーチするか、

まずはフリーソフトで使用率も高い、Jw_cadが使えるように練習するというのが

よいかもしれません。アトリエ系の事務所はmacを使っていることが多いため

VectorWorksを使っているところもあります。(事前に行きたい事務所をリサーチしてみてください。)

ただし構造設計や設備設計事務所はVectorWorksを使っているところが少ないので、

幾つかのCADに対応できるとよいでしょう。

図面はインターネット上にたくさん画像がありますので、好きなものを見つけて

トレース(真似して描いてみること)しながら勉強しましょう。

レイヤの考え方や複写機能をうまく利用し、図面作成のスピードが上げれるように

がんばりましょう。

CADの本の紹介