Skip to main content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

商船ができるまでー船舶海洋工学入門: 1. はじめに

このガイドは、船舶海洋工学入門として、物流を支える商船について説明します。

はじめに

Cute.Guideをご覧の皆さん、こんにちは。理系図書館Cuterの犬塚です。

このガイド「商船ができるまで-船舶工学入門-」では、貨物や旅客を運ぶための船舶である商船について、設計から製造までを追って紹介していきます。

皆さん、船は好きですか? 船、とひとくちに言っても、実はいろんな種類があります。例えばこちら。

(出典:写真AC)

ヨットですね。帆に風を受けて走ります。それからこんな船も。

(出典:写真AC)

これはいわゆるクルーザー。レジャー用のボートやヨットを総称して、プレジャーボートといいます。

では、このガイドのタイトルになっている、「商船」とはどのような船のことなのでしょうか?ブリタニカ国際大百科辞典によると、「商船」とは、「商行為をする目的をもって航海の用に供される船舶。最も典型的なものは旅客または貨物を運送する船 (→貨物船 , 旅客船 ) である」とあります。

貨物船とは、その名の通り貨物を運ぶ船のことです。イメージしやすいものとしては、油タンカーが挙げられるでしょう。油タンカーは、油という貨物を運ぶための船です。

(出典:写真AC)

旅客船というのは、人を運ぶための船です。フェリーなどが挙げられますね。

↑桜島フェリー(出典:写真AC)

フェリーは、旅客と同時に、自動車という貨物も運びますので、旅客船であり貨物船であると言うこともできます。ここからは特に、貨物を運送する船、貨物船について見ていきましょう。