Skip to main content

はじめての学会発表-ある歯学大学院生の体験記-: はじめに

歯学府大学院生の学会発表体験談。ポスター発表と口頭発表を含め、大学院生の研究生活を少しでもリアルに感じてもらえたらと思います。

歯学部大学院の研究生活

歯学部大学院にはいり、臨床系の科のみなさんは、診療をしながら、

実験をやって、それを学会に発表して

そしてそれを論文にまとめてということがメインの仕事となります。

昨今は大学病院も収益をあげなければならず

診療従事医として

診療をしながら研究という状況が当たり前となってきました。

歯学府では大学院卒業要件として

3年時の中間発表

4年時の英語論文投稿および学位審査

年度によっては英語論文がアクセプト(受理)されることが

大学院卒業の最低条件となっています。

また、学会発表も大きな大学院生の仕事のひとつです。

学会発表未経験の大学院生はいないのではないでしょうか。

そこで、私が現在まさに体験している学会発表について

また、その中での紆余曲折を皆様に紹介し、

皆さんが困ったときに参考になればと思います。明け透けに語って、役立てていただければいいなと。

Subject Guide

木原 智子's picture
木原 智子
Contact:
本ガイドは図書館学習サポーター/図書館TA(Cuter)として勤務した際に作成したものです。

勤務期間 :2013年10月~2017年3月
当時の身分:大学院生(博士課程)
当時の所属:九州大学大学院歯学府歯学専攻
作成者の所属:09_歯学部/歯学府