Skip to Main Content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

賢治と鉱物: 地学用語が登場する作品

コラム

2014年8月19日(火) に放映された開運!なんでも鑑定団において、賢治の自筆の花巻周辺地質図が発見された。花巻は彼の故郷でもあり、その希少性から150万の値がついた。

地学用語が登場する作品

宮沢 賢治は1920年に盛岡高等農林学校地質学部研究科(岩手大学の大学院)を卒業しています。また、賢治は地質図を自作するほど地学に精通しており、彼は地質学の深い知識を作品に活かしています。僕個人としては、「春と修羅」の一見して難解そうな表現と専門的な地学用語の組み合わせがお気に入りです。

銀河鉄道の夜

 琴の星がずうっと西の方へ移ってそしてまた夢のように足をのばしていました。~銀河鉄道の夜~

グスコーブドリの伝記

 「私のようなものは、これからたくさんできます。私よりもっともっとなんでもできる人が、私よりもっと立派にもっと美しく、仕事をしたり笑ったりして行くのですから。」

春と修羅 : 心象スケッチ

 わたくしという現象は仮定された有機交流電燈のひとつの青い照明です