Skip to Main Content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

高速液体クロマトグラフィー(HPLC)ってなに??  ~臨床検査で使うHPLCの基礎~: 装置のしくみ

装置の構造

 

では,高速液体クロマトグラフィー(HPLC)はどのような構造になっているんでしょう??

  

   

  

〜装置の構造〜

HPLC装置の典型的な構成

 

CC 表示-継承 3.0   /   File:Chromatography tank.png
アップロード者: Hazard-SJ   /   Wikipedia

A:溶媒 B:2溶媒切り替えバルブ  D:圧力ダンパー E:ミキサー  H:HPLCコントローラー J:検出データA/D変換装置 K:PC L:プリンター

HPLCの装置は主に

①ポンプ(C)

②注入器(オートサンプラー)(F)

③カラム(G) と カラムオーブン

④検出器(I)

の4つにわけることができます!

それぞれを簡単に解説していきます♪

 

 

  

《1. ポンプ》          

液体クロマトグラフィーの心臓部ともいえます...!

移動相である溶離液を圧をかけてカラムに送液します.一定の量を正確に送ることが重要です.

  

 

《2. オートサンプラー》

インジェクター

測定したい試料を注射器で吸い取り,カラムに注入する装置です.こちらも正確に量を吸い取ることが重要です..!

 

  

《3-1.  カラム》

細い金属の棒のように見えますが、実際にクロマトグラフィーを行う場所です!!

☝カラムの内部構造

カラムの中には,小さな充填剤(=固定相)がたくさん入っています.

分子の大きさで分ける充填剤,陰or陽イオンと引き合う充填剤...などなど

何を分離したいか、どの分離方法を用いるかによって使うカラムも変わってきます.

さらに、カラムの長さ、カラムの内径、充填剤の大きさによって分離能力が変わってきます…しっかりとカラムの特徴を知ることが重要です☆

  

   

《3-2. カラムオーブン》

カラムを入れておく場所なのですが,カラムの温度を一定に保つことが出来ます!

また分離したい成分によっては、高温状態のほうが分離しやすいものもあるので、カラムに温度をかけるために使ったりもします!

 

 

《4. 検出器》

カラムによって分離された成分の結果を、電気信号として取り出します.

検出方法によって、さまざまな検出器があります.

(主な検出器) 

紫外吸収検出器:測定波長を当て,吸光度から定量します.

・示差屈折率検出器:溶液の屈折率が変化することを利用します.

・電気伝導度検出器:イオンによって上昇する溶離液の導電率を測定します.

・蛍光検出器:紫外線を照射して成分の蛍光エネルギーを測定します.

 

HPLCの動画

 

 

英語ですが、HPLCの簡単な説明の動画です!

また途中には、「ペーパークロマトグラフィ」の様子も映っているので是非見てみてください( `ー´)ノ

(ペーパークロマトグラフィー:「高速液体クロマトグラフィーとは」→「”クロマトグラフィー”について」で説明)