Skip to Main Content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

高速液体クロマトグラフィー(HPLC)ってなに??  ~臨床検査で使うHPLCの基礎~: 結果の見方

HPLC測定の結果

 

では、HPLC測定の結果はどのように示されるのでしょう??またどのように量を測っているのでしょう??

 

 

 
~測定結果~

HPLCの測定結果はこのように示されます!

   

パブリック・ドメイン   /   File:Ion chromatogram.JPG
アップロード者: File Upload Bot (Magnus Manske)   /   Wikipedia

 

横軸:保持時間(試料をカラムに注入してからの時間

縦軸:電気信号の出力強度

 

このように成分の分離の結果は、山のような「ピーク」の形として出てきます!

それぞれのピークがかぶっていない=うまく分離ができている、ということになります。

 

  

  

   

~定量方法~

HPLCは目的の成分の量をはかることができます。

ではこのピークからどのように定量しているのでしょう…??

基本的に、このピークの面積を算出し、定量しています!

ピークの面積は濃度に比例し、成分の量は少ないと面積は小さくなり、成分の量は多いと面積は大きくなります。

 

 

また、ピークの形によっては

ピークの高さから定量することもあります。(ピークの高さは濃度に比例)