Skip to main content

文献管理ツール: Home

集めた資料、論文を整理するツール、いろいろあります。自分に合った管理法を見つけるためのガイド。

文献管理ツールとは?

writing

論文やレポートを書くために山のように集めた文献・・・これを自分なりに整理して、執筆の最後に参考文献リストを作る。なかなか大変な作業です。Excelで管理?それとも紙のカード?自分なりの整理法が便利であれば、それでもOK。

けれども、学術雑誌へ論文を投稿する場合などは、決められた書式のとおりにリストを作成することが求められます。やっと書けたと思ったらこの作業が待っているのです。

文献管理ツールは、自分で文献情報をコピペする手間なしに効率よく管理ができて、最後の参考文献リスト作成も自動でおこなうことができます。文献管理ツールにはさまざまなものがあります。特徴を知って、自分に合ったものを使ってみましょう。

参考文献を整理するツール

ウェブで使えるもの、PCにインストールして使うものなどいろいろありますが、文献管理ツールの基本機能は以下のとおりです。

  • 九大コレクションやCiNii、Scopus、Web of Scienceで文献を検索し、その情報を取り込んで自分だけの文献データベースを作成できる。
  • 文献情報に、タグや分類を付けて管理できる。
  • 論文やレポートを書くときに、文末の参考文献リストを決まった書式で簡単に作成できる。
  • 文献リストをウェブ上に公開したり、研究仲間と共有できる。

文献管理ツールとは?

主なツールを紹介します。

あなたはどの文献管理ツールを使っていますか?

あなたはどの文献管理ツールを使っていますか?
RefWorks: 11 票 (22.45%)
EndNote: 11 票 (22.45%)
EndNote Web: 3 票 (6.12%)
Mendeley: 12 票 (24.49%)
Papers: 0 票 (0%)
Excel: 0 票 (0%)
TogoDoc: 1 票 (2.04%)
WizFolio: 0 票 (0%)
その他: 1 票 (2.04%)
使っていない: 10 票 (20.41%)
合計票: 49