Skip to main content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

考古学者はどうやって時代を判定してきましたか?: 年代測定について

科学の方法に基いて、過去の全容を解明しましょう。

変化の規律を見出す:相対年代法

考古学の年代測定法は主に二種類に分かれます。相対年代法絶対年代法です。

相対年代法は元々地質学の考え方です。地層堆積の原則に基づき、標準化石などにより地層年代を確定していました。

考古学では、モノは時間と共に形態的な変化が起っていると認識しています。

身近な例を挙げるとディスニーのミッキーマウスは最初に出現した時、顔が長くて目も本当のマウスに近い形でした。その後マウスの顔が丸くなり、目が丸くなってきました。つまり、幼児の顔に似てきました。

本当のマウスに近い形 ⇒ 顔と目が丸くなる ⇒ 幼児の顔に類似

なぜこのような変化が起きたのでしょうか。

ミッキーは最初脇役で狡賢いマウスでした。その後人気が高くなり、主役になりました。

デザイナーは人間が幼児に優しくしたくなる本能を利用し、ミッキーを幼児化にすることで、私たちが自然に財布を開けることを狙っているのです。(鈴木 1981

undefined

(図2)本当はミッキーマウス を使いたかったのですが、大人世界の諸々により、和製鏡文様変化の図面で説明します。

日本で生産された鏡は和製鏡と言います。

卑弥呼が中国から鏡がもらったという話はよく聞くと思いますが、大陸からの鏡は数が限られています。

その後日本でも作るようになりました。

日本で作った鏡は紋様が大陸の鏡を真似て虎であるはずですが、日本列島には虎がいないため、虎から翼のように変化ました。

環境の影響での形態変化のプロセスを表しています。規律から、時間による変化がわかります。

その反対にモノと規律から時間を明確にすることもできます。

(横山 1985)

つまり、相対年代法により変換の規律を見出すことができます。

しかし、ルールがわかるだけで、順番はわかりません。

如何なることで前後の順番を知ることができるでしょうか。

そこは地層学を使います。

地層はパフェみたいに一層一層で積み重なっています。

下の層は上の層より早く入っています。下の層にあるナッツは上の層にあるチョコレートより早いです。地層の比較により、物の相対的な時間関係がわかります。

もし同じ地層にある他のものの絶対年代がわかれば、例えば、時代がわかるお碗などが存在すれば、この地層だけではなく、相対年代がわかる全ての層位がわかります。

はっきりと時代をわかる:絶対年代法

しかし、相対年代はあくまでも相対的なものです。いつのものという質問には答えません。はっきりと年代がわかる方法はないのでしょうか。

あります。それは絶対年代法です。

科学的な手法を使い、例えばC–14のような理化学的な方法を使って年代を測定することや銘文、記年などの文献資料と照合することが絶対年代法と呼びます。

ある陶磁器が出土したとします。

その陶磁器が偽物ではないことが確定できた後、その陶磁器の底に年号が書いてある、或いは信頼できる文献に作られた時代が書いてあったら、陶磁器の作られた時代が断定できます。

あるいは他の方法で測定できます。例えば、機体にあるC–14を使って年代を測定します。

C−14という名詞はテレビや新聞などでよく出ます。これは一体どのようなものでしょうか。

C−14とは何でしょう。

C−14、即ち炭素14です。

炭素の放射性同位体です。

炭素の内の0.00000000012%を占めています。少ないですが、色々な有機体に普遍的に存在しています。

なぜなら、宇宙線は大気と反応し、中性子を生成します。生成した中性子と窒素原子が反応し炭素14が生成します。

生成した炭素14はまた水素と反応し、空気中の二酸化炭素に混入します。

植物は光合成で二酸化炭素を吸収し、私たちや動物は植物を食べてエネルギーを吸収しています。

このプロセスによって有機体に炭素14は普遍的に存在するようになりました。

なぜC−14で年代測定ができますか。

死亡した生物体の中にある炭素14は約5730±40年の半減期で崩壊して減っていきます。

最初の放射線炭素分析法は炭素14放射壊変で放出したベータ線を測量する方法でしたが、人類社会にとってこの方法は誤差が大きいです。また、使う試料の量が多いです。

70年代になると新たに加速器質量分析法(A M S法)が現れました。放射線ではなく放射性炭素濃度を測定する方法です。この方法はより精密であり、必要な試料も少ないです。考古学遺物遺跡の年代測定にもっと使いやすくなっています。(高倉など 2011)

C-14を使っている放射線年代測定法が、既にあった技術だということは、上の説明で分かったと思います。

ここで質問が出るかもしれません。

既にあった技術なのになぜ今回『Nature』に載せられた論文議論したのでしょうか。

C-14年代測定法の応用に新たな進展があったからです