Skip to main content

秘境トカラ: 自然

トカラ列島の自然

 トカラは私達に様々な一面を見せてくれる。珊瑚礁の隆起や火山活動により形成された険しい山々、青く澄み切った温暖な海、トカラ列島ならではの深く遠い夜空とそれに映える南洋の星々。時には星のまたたきや波風のささやきを思い出しては見ませんか?

トカラの落陽。

トカラ

大自然

あまり人工物が見られない大自然です。

宝島の子供たちは砂漠と呼ぶ"砂丘"もありました。

トカラコラム

 トカラ列島は地理的に孤立していて、トカラノコギリクワガタ等の様々な固有種および固有亜種が見られる。

 これらのうち昆虫に関しては十島村昆虫保護条例により卵〜成虫のすべてにおいて最終が禁じられているので注意が必要である。

 またトカラ列島のうち、宝島および小宝島にのみトカラハブという名のハブの固有種がいる。

 現地の方曰く、毒性は低いため噛まれても熱が数日出る程度だそうであるが、糖尿病の方が噛まれて合併症を併発して亡くなったとの記述もあるため持病のある方は注意するに越したことは無い。毒は弱いものの、気性は非常に荒く、体験談として走行中の軽トラにも向かってくる程なので関わらないことをオススメします。

ほかにこんな生物がいました。アサギマダラ(固有種ではない。)

ウツボ(固有種ではない。)