Skip to Main Content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

★はじめての実験ノート: 道具選び

実験ノートに書くべき必要事項から書き方のコツ、用具選びのポイントまで紹介しています。

道具選び

「よい」実験ノートを書く作業は道具選びから始まっています。

ノート筆記用具の2点について紹介します( ゚∀゚)

          

ノート

みなさんはどんなノートを実験ノートとして使っていますか?

おそらく普通の大学ノートを使っている方が多数派だと思います。

ではルーズリーフを実験ノートとして使うのはあり?なし?

答えは、「ありといえばあり」です。

ルーズリーフ形式で実験ノートをとると後で差し替えが出来てしまうため、一般的に実験ノートは製本されたノートに書くことが推奨されます。

しかしルーズリーフであっても必要十分な実験内容の記載、共同研究者などの第3者の記録などがあれば、実験を行った証拠として使えます。

研究室によってはルーズリーフで書くように指示されているところもあるみたいです。

ただ、ルーズリーフで書いた実験ノートはばらばらになりやすいので、ずぼらな人にはオススメしません。

筆記用具

修正したのではないかと疑われたり、間違って消えたりしないようにボールペンで記入しましょう。

逆に使ってはいけないのが修正ペンや修正テープです。

間違って記入をしてしまった時は線をひいて修正します

分かりやすくなるように色ペンやマーカーで線を引くのはOKです。

コラム②:次世代型実験ノート

紙ベースではない実験ノートも実は存在します。

製薬メーカーを中心に実験ノートの電子化が進みつつあり、いくつもソフトウェアが開発されています。

検索性のメリットや実験の生データの多くがパソコン由来であることを考えれば、電子ノートの普及はますます広がると考えられます。

   

コラム③:市販の実験ノート

実験ノートはいくつかの会社から市販されています。

普通の大学ノートと何が違うかというと、例えば

・改ざんを防止するための工夫が施されている(レインボー色のかがり糸とか)

・記録日や主題の記入欄がある

・耐薬品.耐水性

・紙質がよくて書きやすい

など、いくつか工夫がなされています。