Skip to main content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

水害とその対策: 水害の種類

水害に対して、どんな対策が取られているのだろう??? そんな疑問に分かりやすくお答えするために、このガイドを作りました!

水害の種類について

 ここで紹介する水害全てが、川の近くで発生するものとは限りませんが、代表例をまとめて、簡単にご紹介します。

洪水

 洪水は、台風や豪雨、雪解け水によって河川の水かさが急激に増すことです。河川から水が溢れなくても洪水と呼びますが、溢れた場合は「はん濫」と呼びます。

氾濫する川のイラスト

 次に説明しますが、はん濫にも二種類存在します。
(漢字では「氾濫」と書きますが、漢字が横に並びすぎると読みづらいため、本ガイドでは「はん濫」と表記します。)

外水はん濫

 はん濫は、外水はん濫と内水はん濫の二種類に分けられます。外水というのは、堤防から見て河川や海がある側(外側)の水の呼称で、内水とは外水の反対で、人家等がある、堤防の内側の水を指します。

 外水はん濫は、豪雨等により河川の水かさが増え、河の水が堤防を乗り越えたり、堤防に大きい圧力がかかり破堤することで発生するはん濫です。

決壊する堤防のイラスト

 川がはん濫すると生活居住地に急激に水が流れ込み、平坦な地域でも濁流が流れることがあるので、非常に危険です。また、流れ込んでくる水は泥水なので、はん濫後、土砂や汚泥が堆積して復旧に時間がかります。

内水はん濫

 はん濫のもう一種類が内水はん濫です。これは堤防の内側、市街地に豪雨が降った時に、その土地の雨水の排水が追い付かなくなり、土地や道路、建物が水に浸かってしまう水害です。

 特に都市部では、地表面がコンクリートやアスファルトで覆われているため、雨水の地面への浸透能力が低く、降った雨がそのまま下水道や河川に流入することが多いです。そのため、降雨がその土地の排水能力を超えた時に、一気に浸水してしまうのです。

豪雨によりマンホールが逆流してしまい、内水はん濫が起こるケースが分かりやすいかと思います。

波浪

 風浪と言ったり、うねりと言ったりもしますが、風の影響によって、海面上に引き起こされる表面波のことを波浪と呼びます。 
 なので波浪警報が発令されていると、強風+波 が海面上で発生していると判断できるので危険です。

(写真引用元:土木学会誌 06 Voi.93 No.6 June 2008)

高潮

 高潮は、台風などの影響により、気圧が低下し海面が吸い上げられたり、強風により海面が吹き寄せられるなどして、海面の水位自体が普段よりも上昇する現象のことです。その結果、河口の水位が高くなり、河口付近の低地に浸水被害をもたらすのが高潮です。
 高潮が発生している状態で、さらに波浪も発生すると、海面の高さが普段よりも高いため、波浪の波の高さも普段以上になるため危険です。

(写真引用元:山口市防災ガイドブック)

津波

 津波は、地震や火山活動等によって、海底の地形が急激に変化し、海面が盛り上がる現象です。

 地震が起きた場合、震源が海底下であれば、震源付近の海底が持ち上がったり下がったりします。それに伴い、海面も盛り上がったり沈み込み、波が伝播していきます。つまり、津波は海底から海面までが丸ごと全て移動するのでエネルギー量が凄まじく大きく、大変危険なのです。

 

 また、津波は1回目だけで終わらず2回目、3回目と続く場合もあり、規模も1回目以降の津波の方が大きい場合もあります。そして、津波は陸に押し寄せる時も危険ですが、押し寄せた波が引いていく過程で、陸上の住居等が波にのまれる場合もあるので、短時間のうちに大きい被害が発生してしまう可能性が高いです。

Subject Guide

高野 瑞己's picture
高野 瑞己
Contact:
本ガイドは図書館学習サポーター/図書館TA(Cuter)として勤務した際に作成したものです。

勤務期間 :2015年4月~2017年3月
当時の身分:大学院生(修士課程)
当時の所属:九州大学大学院工学府都市環境システム工学専攻