Skip to main content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

日本語教育を知るための本: Home

さいしょに…

あなたは日本語教師です。様々な国から来た生徒で構成されたクラスを担当しています。生徒は自分の母国語以外の言語をほとんど話せません。今日はそんな生徒たちに「きれい」という言葉とその使い方を教える日です。みんな母語以外は話せませんから、英語では教えることができません。あなたは「きれい」という言葉をどうやって教えますか?

ちょっと考えてみてください・・・

 

例えば、花の写真をみせて「花はきれいです」と教えたとします。すると学習者側は「花」の名前が「きれい」というのかなと思うかもしれないし、「きれい」ではなくて「かわいい」の意味でとってしまう可能性もあります。

どうでしょうか。

意外と悩ましい気がしませんか?こんなふうに、「日本語を教える」のは、国語を教えるのと少し違います。

「国語教育」とはちょっと違う「日本語教育」・・・「実はちょっと日本語教育に興味を持っている」、「実は日本語を教えてと頼まれている」なんて人がいるかもしれません。このガイドでは、いきなり専門の概説書を読むのは(いくら概説書とはいえ)敷居が高い、退屈して読み切れるかわかんない!そんな人向けに「日本語教育」を、ちょっとだけ気軽に知ることができる本や資料を紹介します。

プロフィール

比嘉 由似子's picture
比嘉 由似子
Contact:
本ガイドは図書館学習サポーターとして勤務した際に作成したものです。

勤務期間 :2013年5月~2014年3月
当時の身分:大学院生(修士課程)
当時の所属:九州大学大学院統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻
作成者の所属:A15_統合新領域学府