Skip to Main Content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

医療におけるレーザーの世界(歯科医療編): 医学分野

レーザーってよく聞くけど、なに?医療の世界でも結構使われています。 少しだけご紹介します。

医療レーザー

私たちの身近でよく聞く治療といえば

レーシック

尿管結石のときに石を砕くレーザー

ほくろやしみをとるレーザー

 などが有名かと思います。

 

個人的にどういう仕組みでどんなレーザーの種類を使っているのか前々から気になっていたので、この際調べてみました。

シミとレーザー

原因や症状によってシミにはいくつかの種類があり、それぞれのシミ治療に適応するレーザーが違います。

老人性色素斑(日光黒子)

主に紫外線が原因のシミ。

メラニンの排出が滞ることで顔や手、背中、前腕など紫外線を浴びやすい露出部分に多く表れます。

治療には、特定の色素にのみ反応するQスイッチルビーレーザーやYAGレーザーを使用します。

雀卵斑(そばかす)

頬や鼻の回りを中心に生じる、丸味のある茶褐色の色素斑。

遺伝性のものとそうでないものと2種類あります。

どちらも主な原因は紫外線です。子どもから大人まで見られ、紫外線を浴びると濃くなったり数が増えたりします。

治療には、特定の色素にピンポイントに作用するYAGレーザーなどが用いられます。

 


肝斑

薄い褐色で、頬骨に沿って左右対称にできるのが特徴。

女性ホルモンが関与していると考えられています。

治療は内服や外用薬が一般的ですが、症状に応じて低出力でのレーザー照射(YAGレーザーなど)を組み合わせるケースもあります。

炎症性色素沈着

ニキビややけど、擦り傷や化粧品によるかぶれなどの炎症が治まった後にお肌に残る、褐色のシミ。年齢や性別に関わらずできて、時間の経過と共に薄くなる傾向があります。

治療に使われることのあるレーザーは、瞬間的に高いパワーでメラニンを除去するQスイッチルビーレーザーやYAGレーザーも用いられます。

 

参考文献

以下の文献でもっと詳細な情報が書いてあります。

切らずに治す傷あと外来 : レーザー治療でここまで治る : 傷あとがきれいになった。悩みが消えた。58人の実例写真集

あざのレーザー治療

皮膚科・形成外科医のためのレーザー治療

尿路結石のレーザー

尿路結石症の患者さんに使われることがあるレーザーですが、方法がいくつかあるようです。

いずれもレーザーで砕石します。

経尿道的尿管砕石術(TUL)

尿管結石に限定されていたが、軟性腎盂尿管鏡の発展に伴い、flexible-TUL(f-TUL)が行われるようになり、ESWL

抵抗性結石や下腎杯結石などの腎結石にも適応範囲が拡大されました。

 

経皮的腎砕石術(PNL)

珊瑚状結石をはじめとした腎内の容量の大きな結石に適応があります。

とがあり、いずれにおいてもHo:YAGレーザーが砕石装置として使用されています。

腎結石は2つのグループにわけてガイドラインが存在します。

①腎盂結石、上腎杯結石、中腎杯結石 ②下腎杯結石

に分けられ、いずれも石の大きさ位置によって治療法が異なります。

尿管結石は

①近位尿管結石 ②遠位尿管結石 ③中部尿管結石

に分けられ、いずれも石の大きさ位置によって治療法が異なります。

遠位尿管結石で1cmより大きい石の場合にはTULが第一選択ですが、その他は状況に応じて選択されるようです。

しかしほとんどの結石の存在部位、結石の大きさにおいてTULの治療成績が他を凌駕しているそうです。

TULは麻酔、入院を要すること、何よりも術者の技量が大きく関与してくるそうです。

 

Ho:YAGレーザーとは、波長は2140nmで、水分に高い吸収を示しますが、色素には影響されません。

そのため、色素や血管分布にかかわらず全ての組織で到達深度は1パルスあたり0.4mmと浅く一定しています。

水中で軟部組織に対して優れた蒸散、切開ならびに凝固作用、砕石も可能となります。

追加ですが、Er:YAGレーザーも使用され始めているようです。

参考文献

今回の尿管結石に関して、わかりやすく完結に記載してありました。

ベッドサイド泌尿器科学 (改訂第4版)

レーシックとレーザー

Laser Insitu keratomilleusis(屈折矯正手術)

角膜フラップの作成+角膜実質へのエキシマレーザー照射からなる手術です。

エキシマレーザーを照射することで角膜のカーブを変え、近視や乱視などを矯正しています。

 

 

 

エキシマレーザーとは

混合ガス(希ガス、ハロゲン)の中でエキシマが生じ、エキシマからの放射光によってパルス発振する仕組みで成り立っています。

波長は3つほどあり、レーシックに使用されるのは波長の短い193nm。

熱を発生しないので、cool laser とも呼ばれています。

 

眼科手術の他には、エキシマレーザー冠動脈形成術(ELCA)と呼ばれる手術があります。

冠動脈にカテーテルを挿入して、その先端からエキシマレーザーを照射し、血管内のプラーク組織を蒸散させます。そうすることによって、詰まった血管を開通させるという方法のようです。

 

参考文献

レーシックについて図入りでわかりやすい説明が記載されてました。

近視レーザー治療レーシック : 最先端Wave‐front LASIKも公開 (改訂版)

近視・角膜手術

エキシマレーザー冠動脈形成術を循環器内科で行ってらっしゃるようです。