Skip to main content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

IF/CIの調べ方 -Web of ScienceとJournal Citation Reportsを中心に-: 評価指標

研究者・事務職員の方に役立つサイテーションインデックスとインパクトファクターについてのガイドです。

おまけ

IFについて、学術雑誌の影響力を示す指標で、個々の論文の影響力・研究者個人の評価指標ではない、とご説明しました。

そこで、研究者の評価指標にはどんなものがあるのか、ごく一部ではありますが、簡単にご紹介したいと思います。

(関連ガイドがあるものは、そのガイドへのリンクも示しています。)

評価指標について

指標 特徴【○…長所、●…短所】 リンク
総被引用数 ●論文の量と質の両方の側面からの評価ができない
(ex: 被引用数1の論文が100本ある研究者と、被引用数100の論文が1本の研究者の評価は同じ?)
発表論文数 ○数値がデータソースに依拠しない
●論文の質を考慮していない
(ex: 被引用数【質】の高い論文が10本の研究者と、被引用数の低い論文が10本の研究者の評価は同じ?)
h-index 研究者の評価指標の一つ。
○研究者個人の実績を、論文の量と質の両方の面からの評価ができる
○算出に複雑な計算式がなく、楽
●研究期間が長い研究者に有利
●高被引用論文が評価に組み込まれにくい
g-index h-indexの補完的指標として提唱された、研究者の評価指標の一つ。
○h-indexでは考慮されなかった高被引用論文を評価に組み込んでいる
●算出方法がh-indexよりも複雑
※h-indexから派生した評価指標は他にもあります。興味のある方は調べてみてください。
IQp 研究者の評価指標の一つ。
○研究期間の長短に左右されない
○分野間での比較が可能
●算出方法が非常に複雑
→特に算出の際、インパクトファクターが必要になる等、汎用性が他の指標と比べて低い

※リンク先…特定著者の被引用数をまとめて確認したい場合のリンクです(一つ一つ被引用数を確認したい場合は本ガイドをご利用ください)。