Skip to Main Content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

IF/CIの調べ方 -Web of ScienceとJournal Citation Reportsを中心に-: IFを調べる

研究者・事務職員の方に役立つサイテーションインデックスとインパクトファクターについてのガイドです。

①Web of Scienceで検索した文献から確認

Q, Nucleic acids researchの2014年のIFは?

まずは、Web of Scienceで検索した文献から、IFを調べる方法についてご説明します。

文献を検索した後、上の図の検索結果一覧の雑誌名か詳細結果画面の『ジャーナル情報を表示』をクリックすると、最新版のIFが分かります。

Nucleic acids researchの場合、2014年のIFは、9.112となっています。
また、Nucleic acids research(IFの数値)が分野内で、どの位置づけ(ランク)にあるのかなども、確認できます。

前年度以前のIFが見たい場合は、『Journal Citation Reports』をクリックすると見ることができます。

②JCRで雑誌を検索してから調べる

次は、JCRを使ってIFを調べる方法についてです。

  1. JCRへアクセスする
    JCRへのアクセスは、2通りの方法があります。

    ①Web of Scienceのページ上部>Journal Citation Reports


    ②図書館ウェブサイト>データベース>Journal Citation Reports



  2. 検索窓への入力
    Go to Journal Profileに雑誌名か、ISSNを入力すると候補が表示されるので、該当するものを選択して検索。
    ISSNを入力する際には、ハイフン(-)も必ず入れてください。
    雑誌名で表示された候補を選択せずに検索を実行し、候補が複数ある場合は、該当する雑誌名を選択してください。




  3. 結果の見方
    検索を実行した後、雑誌の詳細情報の画面になります。
    【Key Indicators】より、様々な指標を一覧できます。
    下の図では、特にポイントとなる指標を赤枠で囲みました。



     ●Journal Impact Factor
    各年のインパクトファクター;IF。

     ●5 Year Impact Factor
    通常IFは、直前の過去2年間の論文の引用回数を元に算出しています。
    そこを更に遡り、5年間の論文の引用回数を元に算出しているのが、5年インパクトファクターです。
    引用されるのに時間がかかる分野の場合は、5年インパクトファクターを参考にすると良いかもしれません。


その他にも、JCRは雑誌評価のための様々な指標を出しています。
また、それらの指標をグラフ表示したり、複数雑誌を比較したりできます。

興味のある人はぜひ、JCRの他の指標や機能にも注目してみてください。

分野で比較する

JCRでは、各指標を分野ごとに比較することができます。

IFを調べたのはいいけど、この数値が分野内ではどの位置づけになるのか知りたい、など思った方にはぴったりな機能です。

雑誌を検索した後の詳細画面右にある、【Categories】の下のリンクから分野別のランクに移動できます。

Nucleic acids researchのIFは、生化学&分子生物学分野で20位、ということになります。

IF以外の他の指標でも比較することができます。
ぜひ試してみてください。

ちょっとした小ワザ②

JCRの画面はちょっと見にくい、後でネット環境のないところで作業したいなどと思っている人は、『Excelに雑誌一覧を出力し、Excelの中で検索をする』という方法があります。

手順

①JCRの右上にあるアイコン(上図赤丸)をクリック
②出力形式を選択(左がCSV、右がXLS)

よくある質問③

Q, IFはWeb of ScienceやJCRでしか調べられないの?
Web of Science以外で雑誌評価はしていないの?

IFとはそもそも、Web of Scienceの提供元であるクラリベイト・アナリティクス社が、雑誌引用報告書(Journal Citation Reports)として提供している、学術雑誌の評価指標の一つです。

つまりIFは、Web of Science Core Collectionに収録されているデータを元に作成されているのです。
したがって、IFは、Web of ScienceかJCRで調べることができる指標なのです。

だから、業績リストなどに記入する被引用数は、IFの算出元となる、Web of Science Core Collectionの被引用数であることがほとんどです。(よくある質問①参照)

 

ですが実は、今回紹介したScopusでも、雑誌の評価指標を調べることができます。

SJR、IPP、SNIPといった評価指標を収録しています。
どんな指標か興味のある方は、Scopusのサポートサイトなどで調べてみましょう。