Skip to Main Content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

計算が楽になる!お手軽計算法紹介: ③35×18の解法

日頃よく目にする掛け算の計算法について紹介します。

簡単な説明&原理

③35×18

この問題は「(5の倍数) × (偶数)」という形式になっています。


 この形式の場合、答えが以下の手順で導かれます。

 

(1) 偶数を分解する

18 = 2 × 9

 

(2) 5の倍数に2 (分解された数字) を掛ける

35 × 2 = 70

 

(3) これに分解された数字の残り (2ではない方の数字) を掛け合わせる

70 × 9 = 630

 

となり③の答えである630が求められます。電卓で計算してみると合っていることが分かります。

「(5の倍数) × 2」は絶対に一桁目が0になるので、その分計算する数字が減り、問題が簡単になります。

実生活だと「(5の倍数) × (偶数)」の組み合わせはよく見かけるので大変役に立つと思います!

例題3

以下例題です。

①14×55 =  7×2×55 = 7×110 = 770 

②45×12 = 45×2×6 = 90×6 = 540

③22×35 = 11×2×35 = 11×70 = 770 

④15×14 = 15×2×7 = 30×7 = 210

⑤25×24 = 25×2×12 = 50×12 = 600 

問題3

では実際に問題を解いてみましょう。制限時間は15秒。答えは最後のページにあります。

①35×14

②26×25

③12×65

④15×32

⑤75×18

コラム:もっと練習したいあなたへ

本ガイドでは2桁同士の掛け算を紹介しています。

計算練習をするには4個の数字があれば良いですね。

それをランダムに与えてくれるもの…

日常生活で目にするものだと車のナンバーがあります。

ほんの数秒で車は遠ざかってしまいます。

気軽に練習したい人はいかがですか?