Skip to main content

★音響生が解説!立体音響ってなに?: とにかく聴いてみて!

音響設計学科を卒業して、現在修士課程にいるCuterが立体音響について解説します!

手軽に楽しめる立体音響

■ ヘッドホンで聴く立体音響?

立体音響を聴くにはたくさんスピーカーが必要みたいだし、お金がすごくかかるんじゃないのと思った方もいらっしゃると思います。実はそんなことはなく、誰でも持ってるイヤホンやヘッドホンでも立体的に音を聴くことができます。それが、バイノーラル録音と呼ばれる録音方法で録音された音です。

 

■ バイノーラル録音

ダミーヘッドと呼ばれる人の頭を模した人形の耳の中にあるマイクで録音することをバイノーラル録音と言います。バイノーラルとは英語でbinauralと書いて、bin(二つの)-aural(耳)という意味から来ている言葉です。文字通り、二つの耳の中で録音したものなんだなとイメージがつきやすいですね。このバイノーラル録音によって録音した音をヘッドホンやイヤホンで聞くことで、不思議なことに音が立体的に聴こえるんです。

原理としては、バイノーラル録音によって耳元にやってくる音を録音して、その音を耳元でヘッドホンから再生するので、再生場所が収録場所と違う場所でも、聴こえる音は収録場所の音と同じになるというわけです。

今回、このガイドのために汗水流して音を録音してきました。ダミーヘッドを持ち歩くのは大変なので、イヤホン型のマイクを自作して、そのマイクをイヤホンをつけるように耳にはめて音を録音しました。つまり、私自身がダミーヘッドになったというような形ですね。
兎にも角にも、百聞は一聴に如かず。バイノーラル録音した音をヘッドホンやイヤホンで聴いてみてください。

ちなみにこの録音で使った自作マイクは簡単に作れます。作り方が気になる人はこのガイドの番外編もご覧になってみてください。


(画像引用元:https://www.bksv.com/en/products/transducers/ear-simulators/head-and-torso/hats-type-4128c)

前へ(立体音響の歴史)<<   >>次へ(おわりに)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

使用機材

・ノートパソコン:MacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015)

・オーディオインターフェース:ZOOM UAC-2

・マイク:自作

・マイクアンプ:自作

プラグインパワー方式のマイク入力端子があるサウンドレコーダーがあれば、マイクとレコーダーだけでバイノーラル録音できます。