Skip to main content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

★「動物の行動研究」入門: 5|まとめる

動物の行動を研究する際のキホンを紹介。

目次

はじめに

1|問いを立てる

2|計画を立てる

3|観察・実験する

4|解析する

5|まとめる
 - 論文にまとめる
 - 学会で発表する

おわりに

論文にまとめる

データを解析して仮説に対する答えが得られたら、
最後にそれを論文としてまとめていきます。

 

仕事や卒業研究の一環で動物の行動を研究した場合は、
その成果として論文を書かなければならないでしょう。

そうでない(趣味で行っている)場合でも、やはり論文にまとめることは大切です。
主な理由としては

・ 論文を書く過程で自身の研究をより深く理解できるため
・ 自身の研究内容を発展させた、より面白い研究の糧になるため
・ 観察や実験で迷惑をかけた動物に、同じような疑問で再度迷惑をかけないため

ということが挙げられます。


<さらに詳しく>

科学的探究を通して分かった出来事を文章にまとめる際には、
「IMRaD」と呼ばれる型に従って書くことが多いです。
 

「IMRaD」とは、
 ・Introduction(緒言):どういう背景でどんな問題に取り組んだのか
 ・Materials & Methods(材料と方法):
  どんな生き物を対象にどのような方法で観察・実験をしたか
 ・Results(結果):観察・実験をして何が得られたか
 ・Discussion(考察):観察・実験をして得られたことから何が分かるか
の頭文字をとったものです(aはandのa)

 

この「IMRaD」に従った書き方については以下の文献が参考になります。

学会で発表する

面白いアニメやゲーム、ドラマを知った時に他の人に教えたくなるのと同じで、
観察や実験を通して面白い発見をしたら、人に教えたくなるものです。

そのような場として、様々な学会が年に1回のペースで大会を開いています。

学会では論文になる前の研究成果を発表できるため、他の研究者から様々な意見をもらい、
自身の研究をより発展させる場として活用できます。


<さらに詳しく>

 

 

次のページ:おわりに