Skip to main content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

日本近現代女性作家及び作品: 明治期

文壇における大家は男性のほうが多いにもかかわらず、女性作家は美しい流星のように輝いている。彼女らは女性特有の繊細かつ流麗な筆致で人生や社会を描き出し、読者を魅了してきた。

解説

   明治文壇の天才と呼ばれる樋口一葉は短い生涯だったが、秀作は長く愛読されてきた。小説はもちろん、日記、随筆まで、文章のすぐれたことで定評がある。

   それに、三宅花圃は一葉を世に出した女性作家だ。彼女の出世作『藪の鶯』は、近代日本の女性が書いた最初の小説として話題になった。一葉もその刺激を受けて、小説を書き始めたのだ。

三宅花圃(みやけ かほ)

三宅花圃 明治元年12月23日〜昭和18年7月18日(1868年〜1943年)。歌人、小説家。東京生。本名は田辺龍子、花圃は筆名。三宅雪嶺と結婚。和歌を桂園派の中島歌子に学び、樋口一葉と同門だった。坪内逍遥の『当世書生気質』を模した処女作『藪の鶯』で閨秀作家の先駆者として知られた。「女学雑誌」や「都の花」などに次々に小説を発表、明治25年3月には短編集『みだれ咲』を春陽堂より刊行、女性作家の最前線で活躍を続けた。大正9年9月に雪嶺と共に「女性日本人」を創刊し、同誌に評論や随筆の筆を執っている。一葉に「都の花」や「文学界」を紹介し、一葉を世に送り出した功績は多大である。主な作品は『八重桜』(明23)『露のよすが』(明28)、『萩桔梗』(明28)、『空行月』(明29)など。

樋口一葉(ひぐち いちよう)

樋口一葉 明治5年3月25日〜29年11月23日(1872年〜1896年)。小説家、歌人。東京生。一葉は筆名、本名はなつ(奈津、夏、夏子)。19年8月に中島歌子の萩の舎に入塾し、和歌を詠む。同門の姉弟子田辺龍子(三宅花圃)が『薮の鶯』を刊行したことに刺激され、半井桃水を訪ね、戯作的手法を学んで、処女作『闇桜』(明25)を書いた。『うもれ木』(明25)、『ゆく雲』(明28)、『にごりえ』(明28)、『十三夜』(明28)、『たけくらべ』(明28ー29)などの秀作は次々と発表され、その中に『たけくらべ』は評論家の激賞を受け、一葉は今紫式部、今清少納言の名をほしいままにした。明治29年初夏のころより身体に変調をきたし、肺結核で没した。

Subject Guide

高 静's picture
高 静
Contact:
本ガイドは図書館学習サポーターとして勤務した際に作成したものです。

勤務期間 :2013年4月~2015年3月
当時の身分:大学院生(修士課程)
当時の所属:九州大学大学院比較社会文化学府日本社会文化専攻