Skip to Main Content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

賢治と鉱物: 岩石の登場する作品

コラム

とある詩の同人誌に賢治が誘われた折、彼は「私は詩人としては自信がありませんけれども、一個のサイエンティストとしては認めていただきたいと思います。」と返答して承諾している。この言葉が洒落か真面目かは知る由もないが、今の岩手大に進学した際には首席であり彼はかなりできる男であったようである。

岩石の登場する作品

宮沢賢治の作品に登場する岩石は非常に専門的であり、彼が作品に投影した情景本格的にを理解しようとするのであれば、手元に地学辞典が必要だと思います。たとえば蛇紋岩橄欖岩といわれてもイメージがわかないのではないでしょうか?実際には、前者の多くはくすんだ緑色あるいは灰色がかった緑色を、後者は透明感のあるマスカットのような色をした岩石ですが、はたして皆さんのイメージ通りだったでしょうか?

シグナルとシグナレス

「ああそうだ。あの音だ。ピタゴラス派の天球運動の諧音です」

虔十公園林

虔十は口を大きくあけてはあはあ息をつきからだからは雨の中に湯気を立てながらいつまでもいつまでもそこに立っているのでした。

台川

 この石は動かせるかな。流紋岩だかなりの比重だ。動くだらう。水の中だし、アルキメデス、水の中だし、動く動く。