Skip to main content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

h-indexの調べ方: h-indexとは

研究者の評価指標の一つである『h-index』と、その調べ方についてご紹介します。

h-indexとは?

では、『h-index』とは何か、ということを最初にご説明します。

h-indexは、論文の被引用数に基づいて算出される、研究者の評価指標の一つです(h指数ともいいます)。

h-indexを考案したHirschは以下のように述べています。

A scientist has index h if h of his or her Np papers have at least h citations each and the other (Np - h) papers have ≦ h citations each.*1

つまり、

ある研究者が発表した論文のうち

被引用数がh回以上である論文がh本以上あることを満たす最大の数値h

がその研究者のh-indexになります。


例えば、、、

10回以上引用された論文が10本ある研究者の場合…h-index:10

となります。

*1  E. Hirsch. An index to quantify an individual’s scientific research out-put. Proc Natl Acad Sci, 102(46):16569–16572, 2005.

h-indexの長所

さて、他にも研究者の評価指標がある中で、h-indexを使うメリットとは一体何なのでしょう?

以下、二人の研究者の評価を例に考えてみましょう

>10回引用された論文が10本ある研究者A
>100回引用された論文が1本と、一度も引用されていない論文が9本ある研究者B

どちらも総被引用数は100で、総論文数は10、となります。
ですが、この二人の研究者に対して、同じ評価をするのは違う気がしますね…。

そこで、二人の研究者のh-indexを算出してみます。

>研究者A…h-index:10
>研究者B…h-index:1

数値を見ると分かると思いますが、発表論文数が多いだけ、被引用数が多い論文が一つあるだけでは、h-indexの数値は高くなりません。
被引用数の多い論文を多く発表している研究者のh-indexが高くなるのです。

つまり、

h-indexは研究の「質」と「量」の両方を考慮した指標なのです。

(従って、上の例では、被引用数の高い論文が一本だけのBより、一定の評価を受け続けているAの評価が高くなります。)

また、算出方法も複雑な計算式があるわけでなく、非常に簡単であることも、メリットの一つでしょう。

しかし、h-indexも良いところばかりではありません。
次のBoxで、h-indexの短所(注意点)について簡単にご説明します。

h-indexの短所

それでは、h-indexの短所(注意点)をお話しします。
いくつかありますが、特に以下3点に留意してください。

  • 研究期間の長い研究者に有利
    h-indexは、何年たっても減少する、ということはありません。
    なので、研究期間の長い研究者の方が、必然的に論文数は多くなりますし、被引用数も年を経ると増えるので有利です。
    逆に、研究期間が短く若い研究者は、まだ発表論文数も少なく、被引用数も少ないので不利です。

  • 数値がデータソースに依拠する
    h-index算出元のデータとなる被引用数は、様々なデータベースで調べることができます。
    しかし、データベースによって雑誌の収録基準(収録内容)は異なります。
    つまり、どのデータベースで調査を行ったのかによって、h-indexの数値が変化するのです。

  • 最大(上位論文)の被引用数が考慮されない(数値が論文数に依存する)
    例えば、1000回引用された論文が5本ある研究者と、100回引用された論文が5本ある研究者がいたとします。
    ここで、h-indexのみで評価してしまうと、両者のh-indexは5と、同じ評価になってしまうのです。
    このような場合では、h-indexでは詳細な情報が欠落してしまう、という問題が発生します。

他にも、、、

・共著者情報が考慮されない
・分野間の比較ができない
 (医学分野などでは高く、工学・数学など一部の分野では低い、という傾向があるため)

といった短所が挙げられます。

結局、研究者の評価指標(今回の場合h-index)は、どれも長所と短所を合わせ持っています。

なので、h-indexはどういう指標なのか、きちんと理解をしてから活用することが大切です。

それでは、次のページから、h-indexの調べかたについてご説明していきます。


h-indexを調べる→