Skip to main content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

h-indexの調べ方: Scopus

研究者の評価指標の一つである『h-index』と、その調べ方についてご紹介します。

Scopusを使って調べる

さっそく、Scopusを使ってh-indexを調べていきます。

  1. Scopusへのアクセス
    アクセス方法は、『九州大学附属図書館ホームページ→データベース→Scopus』です。
    (Scopusは、データベース一覧のだいたい5番目くらいにあります。)

  2. 著者検索
    今回は一件一件文献を探すのではなく、特定の研究者の文献をまとめてヒットさせることを目的とします。
    なので、トップ画面を、基本検索から著者検索の画面に切り替え、著者名を入力して検索をします。
    (※ファーストネームをフルスペルで入力すると、検索漏れが生じる可能性があります。)




  3. 検索結果一覧
    この一覧の画面では、特定の研究者の文献グループを作ります



    複数の文献がグループ化しているものがありますが、これは99%以上の確率で同じ著者だと判断されたもの同士のみグループ化しています。

  4. 引用分析(h-indexの算出)
    h-indexを算出します。
    とはいっても、h-indexだけでしたら、すでに画面上部に表示されていますので、これを確認してください。
    もし、より詳細な情報が必要でしたら、『h-graph』をクリックしてください。

h-graphを見る

h-graphの各タブから、様々な視点で分析ができます。

①文献数
文献数からの分析が可能です。
掲載雑誌・文献タイプ・出版年・分野の文献数を、それぞれグラフで確認できます。

②h-index
h-index算出のグラフを見ることができます。
このページでも、自己引用の除外の設定が可能です。
また、ページ左の文献一覧は、被引用数が多い順に並んでおり、リンクにもなっています。

③被引用数
年別の被引用数をグラフで確認できます。

④共著者
どの研究者と共著しているのかが、一覧になっています。
また、共著した論文だけでなく、その共著者の論文一覧も表示させることが可能です。



【例】h-indexタブの画面

ORCID

★検索画面にあったORCIDとは何か★

ORCID(オーキッド)とは、簡単にいうと、研究者個人の識別番号のこと。

例えば、結婚して姓が変わったり、国によって氏名の表記方法が異なったりと、同じ著者でも違う表現をすることがよくあります。
逆に、同姓同名の別人、といったパターンもあり、研究者個人の特定が困難です。

表記が違うからといって、異なる著者として認識されてしまう(逆も然り)と、正しい研究実績が出せなくなります。

その問題を解決するため、異なる研究者を区別し、同一人物を正しく認識する手段として、『ORCID』が誕生しました。

このORCIDの番号は、誰でも取得できます。

興味のある方は、一度、詳しく調べてみてください。

登録フォーム

ちょっとした小ワザ①

★検索した文献一覧をファイルに保存したい★

Scopusで検索された結果一覧は、CSV形式で保存することができます。

ページの右上にある、以下のマークをクリックするとダウンロードできます。

どこで一覧を保存するかで、保存内容が変わります。
引用分析の画面でダウンロードすると、文献の詳細な情報まで保存されます。
h-graphの画面でダウンロードすると、文献タイトルと被引用数、そしてh-indexといった簡単な情報のみ保存されます。