Skip to main content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

h-indexの調べ方: Web of Science

研究者の評価指標の一つである『h-index』と、その調べ方についてご紹介します。

Web of Scienceを使って調べる①~著者名検索から~

Web of Scienceの著者名検索を使って、h-indexを調べる方法をご紹介します。

  1. Web of Scienceにアクセス
    Web of Scienceへのアクセス方法は、『九州大学附属図書館ホームページ→データベース→Web of Science』です。
    (Web of Scienceは、だいたい一覧の上から2番目にあります。)

  2. 著者名検索
    今回も、一件一件文献をヒットさせるのではなく、特定の研究者の文献をまとめてヒットさせることを目的とします。
    ①著者名入力


    ②研究領域の選択


    ③所属機関の選択



  3. 検索結果一覧
    検索結果一覧より引用レポートを作成します。


  4. 引用レポート(h-indexの算出)
    ここでh-index等の情報の確認ができます。
    この画面で、一件ずつ文献レコードの除外も可能です。

Web of Scienceを使って調べる②~基本検索から~

次は、Web of Scienceの基本検索を使って、h-indexを調べる方法をご紹介します。

上のBoxで紹介した部分と重なるところは省略します。

  1. Web of Scienceにアクセス
    上のBoxと同じ手順でアクセスしてください。

  2. 基本検索
    今回も一件一件文献をヒットさせるのではなく、特定の研究者の文献をまとめてヒットさせることを目的とします。



    ※基本検索では、必ずしもWeb of Science Core Collectionに変更する必要はありません。
     自分の要望に合った方を使ってください。
    ※*(アスタリスク)は、*以下を0文字以上の文字列に置換する役割があります。
     (例:tobimatsu s*→tobimatsu shozoやtobimatsu syozo, tobimatsu shokoでも検索できます。)

  3. 検索結果一覧
    上のBoxと同じ手順で、絞り込みなどを行います。

  4. 引用レポート(h-indexの算出)


    上のBoxと同じ手順で、h-indexの算出が可能です。
    ※今回、著者名検索の時と比べて、検索結果数は少なくなっています。

ちょっとした小ワザ②

★目的の文字列を簡単に見つける★

所属機関を選択するとき、アルファベットの大文字がずらっと並んでいて、目的の文字列を見つけにくい、と思いませんでしたか?

そこでちょっとした裏技をご紹介します。
(知っている人も多いかもしれません、、、)

キーボードの Ctrl と f を押してみてください。

上のような検索Boxが画面に出てきたと思います。
(ブラウザによって形や表示場所が異なります。)

その検索Boxに目的の文字列を入力して検索をしてみてください。(例:kyushu)

そして、『すべて強調表示』をクリックすると、以下の画面のようになります。

この機能(ショートカットキー)は、Web of Science内だけでなく、普段Webで検索しているときや、Wordファイルなど、色んなところで活用できます。

ちょっとした小ワザ③

★検索した文献一覧をファイルに保存したい②★

後でネット環境のないところで作業したいなど思っている人は、『Excelに検索結果一覧を出力し検索する』方法が、Web of Scienceにもあります。

手順
①検索結果一覧右上の『引用レポートの作成』をクリック
②引用レポートのページ下部にある『テキストファイルに保存』を『Excelファイルに保存』に変更
③レコード件数(上限500件)を入力し、保存

↓出力したExcelファイル↓

検索式や書誌情報、被引用数等が出力されます。

ちょっとした小ワザ④

★近接演算子を使って検索★

もう少し細かい指定をして検索をしたい、という人は、近接演算子を使うと良いでしょう。

今回は、著者所属のフィールドで利用できるsame演算子を紹介します。

same演算子は、入力した語同士が同じ行内にある、という指定したいときに使用します。

☆方法☆
著者所属の検索Boxで、同じ行内に含めたい検索語同士をsame演算子で繋ぐ
(例)kyushu univ same ctr organ photon → kyushu univ と ctr prgan photonが同じ行内に存在するもの

これで、所属大学だけでなく、所属部局等まで、細かく指定することができます。

著者名検索と基本検索

★著者名検索と基本検索★

今回は著者名検索と基本検索の2通りの方法をご紹介しました。

さて、一体どちらを使えば良いのでしょうか?

以下にそれぞれの特徴を挙げてみました。

☆著者名検索

●分野や著者所属などの絞り込みが、検索前の段階で容易にできる

●近接演算子などを使わなくても、精度の高い検索が可能

●別姓をもつ著者の検索が容易

○横断検索では使用できない

☆基本検索

●普段の検索と同じ感覚で検索が可能

●Web of Science Core Collectionだけでなく、横断検索でも検索可能(2つの違いについてはこちら

○近接演算子などを使い、検索語に工夫が必要

どちらも一長一短なので、自分が使いやすいと思う方を利用すると良いでしょう。

あえて言うなら、、、

☆同姓同名が多い名前や、所属機関が複数ある人の場合などは著者名検索

☆珍しい名前や、所属がずっと変わっていない人などは基本検索

が良いかもしれません。