Skip to main content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

h-indexの調べ方: h-indexを調べる

研究者の評価指標の一つである『h-index』と、その調べ方についてご紹介します。

h-indexの算出方法

実際にh-indexを算出するとき、10回引用された論文が10本と、論文数や被引用数は単純な数値ではないと思います。
(前のページでの例は単純すぎましたね。)

蛇足かもしれませんが、例を挙げてみたいと思います。


(例)100回引用された論文が5本、10回引用された論文が2本、5回引用された論文が5本ある研究者Aのh-index

研究者A
順位 被引用数
1 100
2 100
3 100
4 100
5 100
6 10
7 10
8 5
9 5
10 5
11 5
12 5

見事に被引用数がばらばらですね。

こういうときは、対象の論文全てを被引用数の多い順に並べ、表にすると算出しやすくなります。
例えば、研究者Aの場合、右の表のようにしてみると良いでしょう。

表でいうなら、
「順位と被引用数が等しくなる」、あるいは、
「順位が被引用数を下回る」ときの最後の行の順位
が、
その研究者のh-indexになります。

研究者Aの場合、7回以上引用された論文が7本ということで、h-indexは7
…という感じで求めることができます。

論文数が10や20の研究者ならこの方法で、問題なく算出できるでしょう。
しかし、100や200も論文を発表している研究者だったら非常に手間ですね。。。
そもそも、論文一つ一つの被引用数を調べること自体がとても面倒です。

そこで次のページから、データベースを活用して、h-indexを調べる方法をご紹介します!


Scopusを使って調べる→

h-indexを調べられるデータベース

h-index調査のために必要となるのが、各論文の被引用数の情報(引用索引;CI)です。
その情報は、どのデータベースを選択するのかによって異なります。
また、被引用数は調べることができても、h-indexまで算出できるデータベースは限られます。

そこで以下に、h-indexを算出するために必要な項目を一覧にしました。

※Google Scholarの場合、雑誌の収録基準が明確でないことを留意してご活用ください。

h-indexの算出まで可能なのが、ScopusとWeb of Scienceです。

これら二つのデータベースを中心に、h-indexの算出方法をご説明します。