Skip to main content

EU諸国の現代文学: 周辺諸国

多様な言語文化を抱くEU圏及び関連諸国で生み出された1945年以降の文学作品を取り上げ、最先端の技巧や作家による現代社会・文化への眼差しといった観点から紹介するブックガイドです。

拡大と軋轢

EU加盟を目指す諸国の動きは、それに伴う軋轢を含めて日本にも伝わってきます。2014年に始まるウクライナ問題で、ウクライナを支持するEUがロシアと対立していた構図は記憶に新しいです。

ここではEU圏の周辺諸国の文学の中で、EUの拡大とそこで生じる対立の背景にある歴史・社会を探っていける作品を紹介します。

バルカン半島にあるセルビアやアルバニアは、ヨーロッパでありながらオスマン帝国に支配された時期もある地域です。アルバニアやボスニア・ヘルツェゴヴィナでは今でもムスリムが多数を占めています。

セルビア (セルビア語)

アルバニア (アルバニア語)

トルコ (トルコ語)

ロシア (ロシア語)

作成者 (Author)