Skip to main content

EU諸国の現代文学: 中欧・東欧

多様な言語文化を抱くEU圏及び関連諸国で生み出された1945年以降の文学作品を取り上げ、最先端の技巧や作家による現代社会・文化への眼差しといった観点から紹介するブックガイドです。

西欧と旧ソ連の狭間で

冷戦期は共産主義圏であった旧東側諸国では、共産党の独裁政権や検閲の下で、このような言語を絶する環境とどう向き合うかが一つのテーマとなっていました。

ただし、事態を徹頭徹尾深刻に描くだけではありませんでした。例えば『あまりにも騒がしい孤独』で検閲をテーマにしたボフミル・フラバル(1914-1997年)は単なる告発に終わらず、状況を笑い飛ばすユーモアも兼ね備えていた作家です。

この地域の20世紀以降の文学については、奥彩子[ほか]編『東欧の想像力: 現代東欧文学ガイド』(松籟社、2016年)が網羅的に紹介しています。オーストリアや旧東ドイツ、少数民族や移民の作品も扱っています。

ドイツ (ドイツ語)

ポーランド (ポーランド語)

チェコ (チェコ語)

ハンガリー (ハンガリー語)

ルーマニア (ドイツ語=少数言語)

作成者 (Author)