Skip to Main Content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

そうだ、大学から「ラクロス」を始めよう!: ラクロスとは? -ポジションについて-

これを読めば「ラクロス」が分かる!大学でラクロスをする魅力とは?就活にはどう影響?私の経験からすべてお話しします!

個性が色々!4つのポジション

ラクロスは10対10でやるスポーツですが、この10人はそれぞれ4つのポジション(AT、MF、DF、G)に分かれています。

 

    AT(アタック)  MF(ミッドフィルダー)  DF(ディフェンス)  G(ゴーリー) 

一部引用|一般社団法人 日本ラクロス協会 公式HP

 

4つのポジションそれぞれに魅力があって、とっても奥が深~いです

それでは、それぞれのポジションについてご紹介!

AT(アタック):チームの点取り屋!花形ポジション!

 AT(アタック) は、攻撃の際に中心となって点を取るポジションです。

別名HM(ホーム)とも呼んだりします。こっちの呼び方の方がよく聞くかもしれません。

 

ラクロスの醍醐味と言えば、やはりシュート!

男子になると、時速150kmを超えるスピードになることも…

初めて試合を見た時には、その速度にきっと驚くのではないでしょうか!?

 

点が入ったときは、やっぱり会場が一気にドカンと湧きますね!!​​​​​​

ぜひ試合会場で、その激アツな瞬間を目に焼き付けてほしいです(^o^)


​​​​​​

引用|一般社団法人 日本ラクロス協会 公式HP

MF(ミッドフィルダー):AT・DF両方こなすオールラウンダー!チームのエース!

 MF(ミッドフィルダー) は、攻守ともに活躍するオールラウンダーです。

また、試合開始時に「ドロー」を行うのもMFの選手が多いです。(ドローは「ラクロスとは?-ルール説明-」で紹介しています!​​​​​​)

 

AT・DF両方こなすことから、最も試合展開に関わり勝敗を大きく左右するポジションです!

その分活躍の機会も多いので、人気なポジションだったりします!

 

コート上を縦横無尽に駆け回るMFにぜひぜひご注目!(^^)/

 

引用|一般社団法人 日本ラクロス協会 公式HP

DF(ディフェンス):守備に特化!守りの要!

 DF(ディフェンス) は、守備に特化し、チームDFの要となるポジションです。

BTM(ボトム)とも言ったりします。HMと同じく、こっちの呼び方の方が主流です。

 

ATはたった一人でも点は取れますが、DFは一人では絶対に守れません。

広いコートを組織で守る「チーム力」がカギになってきます!

 

チームDFを先導し、DF陣が華麗にボールを奪う姿は、かなりの必見ポイントですよ~!

 

引用|一般社団法人 日本ラクロス協会 公式HP

G(ゴーリー):いわゆるゴールキーパー!守護神!

ラクロスでは、ゴールキーパーのことを G(ゴーリー) と呼び、DFの最後の砦かつ攻撃の起点となるポジションです。

 

ゴーリーはシュートを止めるというポジションであるため、ヘルメットといった防具を着用します。

そして、他の人よりも大きなクロスを使ってプレーするのも特徴です。

 

試合中はシュートが入る時が一番盛り上がる!…な~んて思うかもしれませんが、ゴーリーのスーパーセーブも激アツポイントの一つです!!

AT(アタック) vs G(ゴーリー)のハラハラ対決にもぜひご注目を!

 

引用|一般社団法人 日本ラクロス協会 公式HP

NEXT!!

ラクロスしながら勉強もバイトもできるの…?

【次ページ】大学生活とラクロス